ヨギボーアウトレットセール☞

ヨギボーのビーズ補充・交換・詰め替え方を紹介!代用は可能?

どうも、おいもです。

 

長く使っているとヨギボーはへたりますよね。このへたりはビーズの交換で改善することができます。

 

ビーズの交換目安はインターネットで調べても、曖昧なことしか書いていなかったので直接公式サイトに問い合わせてみました!

 

ヨギボーの「ビーズの交換頻度と補充のやり方」について紹介します!

ヨギボー公式にビーズの交換頻度について聞いてみた。

ビーズの交換の目安について。

おいも
ヨギボーの中身のビーズの交換頻度はどのくらいが目安なのでしょうか。
交換と言うよりは補充ビーズを追加することになる。お客様の体格や使用頻度によって異なるため、一概に明確な追加頻度はわからない。早い方で2.3ヶ月、また1年半~2年くらいで追加される方もいる。

ヨギボー公式

ということでした。

 

使用する人の使用頻度、体格で個人差が出てしまうのは仕方がないですね。体格が大きく、体重が重ければビーズはすぐへたってしまうことがわかりました。

 

しかし、2~3ヶ月でビーズを交換している人がいるようです。コスパはあまりよくないかもしれません。

補充ビーズ

ビーズは書く分量が異なります

ビーズはそんなに安い物でも無いので、考えて購入しないと結構お金がかかります。

 

飛び跳ねたり、圧力を加えすぎるのはへたりを早める可能性があるため、あまりよくないのかもしれません。

 

ヨギボーのサイズにもよりますが、大きくなればなるほど座れる人が多くなり、ヨギボーに負荷がかかります。

見た目で劣化具合はわかるのか。

おいも
ビーズは見た目上で劣化等はわかるのか。
ビーズはインナーを開けてビーズを目で確認すると変形したり、潰れたりしているビーズが目でわかる場合がございます。

ヨギボー公式

一度中身を確認する必要があります。へたりがでてきたり、定期的に中身のビーズを確認するといいかもしれません!

 

多少の劣化は仕方がないですが、あまりにもビーズが潰れていたりしぼんでいたら、交換した方がいいです。

 

へたりなら見た目上でだいたいわかるので、へたりが気になったり座り心地が悪くなったらビーズの交換をお勧めします!

 

ヨギボーは1度購入すれば、維持費もかかりますが長く使えるのが魅力です!

触っただけで劣化具合はわかるのか。

おいも
ビーズは生地の上から触ったり、握ったりすることにより劣化等がわかるのか。
インナー生地の上から触っただけだと状況はわかりづらい。アウターカバーの洗濯・乾燥をしてもへたりが戻らない場合は、補充ビーズを追加する形となる。

ヨギボー公式

インナー生地、アウターカバーの上からじゃ劣化具合を把握することは難しいことがわかりました。

 

インナー生地とはこちらのことです。

インナーカバー

インナーカバーの別売りもある

アウターカバーの中にある、ビーズが入っている生地のことです。こちらも触っただけじゃわからなので、直接ビーズを見て判断するしかないみたいです。

 

へたりなら触れなくても見た目でなんとなくわかるので、変え時の目安になるかと思います。

古いビーズはどうするのか。

動画にもありますがビーズを補充する時、古いビーズがあるのにもかかわらず、そのまま新しいビーズを補充していました。

 

こちらも気になったので問い合わせてみました。

おいも
  • ビーズの補充をする際、元々中に入っていた古いビーズはそのままで、新しいビーズを充填するのでしょうか。
  • また、古いビーズは取り出して捨てた方が良いのでしょうか。

補充については古いビーズはそのままで行っていただく形になります。
しかしながら数回補充していくと重量は徐々に重くなっていきます

重くなっていた場合はへたっているビーズを抜いて、新しいビーズ
追加していただき、座り心地を確認しながら行っていただきますと幸いです。

ただ、作業に手間がかかるかと存じます。

ヨギボー公式

古いビーズが潰れてしまい、ヨギボーに厚みがなくなります。古いビーズがある状態で新しいビーズを入れることを推奨されています。

 

また古いビーズがある状態で新しいビーズを加えるためかなり重くなる可能性があります。

 

基本的にヨギボーはビーズを全て入れ替えるのではなく、新しいものを継ぎ足してく形になります。

おいも
つぎ足すのが嫌な方は、一度で全部ビーズを捨てて新しいものを入れると良いでしょう。

ビーズはどのくらいの量を購入するといいのか。

オンラインストア及びヨギボーストアでは、750g・1500g・3000gの3つから購入できます。

 

量が増えるほど、1g単位のお値段が割安になるので、なるべく量の多いビーズを購入するとお得です。

 

しかし個人的には、ビーズが余っても保管する場所がないためなるべく余りが出ないようにしたいです。そこで問い合わせてみました。

おいも
今現在、ヨギボーミディを使用しておりへたりが出てきたため、ビーズを交換しようと考えています。補充用ビーズの購入を検討いるのですが、オンラインストアで購入する場合、何L分購入すればちょうどいいのでしょうか。
リペアをなさらずにご自身でビーズを補充される場合は
1500g~をご購入された方が送料を加味しますとお得かと存じます。

ヨギボー公式

今回所持しているヨギボーミディのビーズ量について問い合わせました。ヨギボーミディになると1500gのビーズを購入すると良いみたいです!

 

しかしこれはあくまで目安です。むしろ余るかもしれません。公式ではヨギボーマックスは約1000g入ると言われています。

 

この辺りは好みの厚み、古いビーズに新品ビーズを加える等、使い方によってはビーズが余ります。

 

そのため、ビーズの余りが出ずにぴったり入れたいのならリペアサービスが良い勧められました。

おいも
リペアサービスについては後ほど詳しく解説します。

個人でやる手間も省け、ビーズの余りを出したくないという方にはリペアサービスを注文するとよいでしょう!

TRY NOW

☑リペアサービスを見てみよう!

1年間使ったヨギボーのへたりはどれくらいで来るのか。

ヨギボーミディ

1年でへたりが見られた

わたしはヨギボーミディを毎日使っていますが、約1年ほど使ったらへたりがみられました。

ほとんど1人で使っており、複数人で使うことがなかったので、長持ちしたほうかもしれません。

 

体重をかけることが多くなかったので、ビーズもあまり負担がかからなかったことが要因かと思います。

 

様子を見て、気になるようだったらビーズの補充を考えています。

おいも
へたり対策についてまとめました!

ビーズの詰め替え(補充)作業はとても簡単!

簡単にですが、ビーズ交換(補充)の手順について箇条書きしてみます。

STEP.1
まず始めに。
作業は2人以上で行う。
STEP.2
メガホンを組み立てる。

ヨギボーのビーズ交換方法

添付されているメガホンを組み立てる。

STEP.3
カバーの取り外し。

ヨギボーのビーズ交換方法

ジッパーを開けカバーを取り外す。

STEP.4
ジッパー側を上に持ち上げる。

ヨギボーのビーズ交換方法

空きスペースを作ることにより、ビーズを入れやすくする。

STEP.5
インナーのファスナーを開ける

クリップ、ヘアピンなどを使い、少しだけファスナーを開ける。

STEP.6
メガホンを装着する。

ヨギボーのビーズ交換方法

メガホンの細い方をインナーに差し込む。

STEP.7
ビーズを補充する。

ヨギボーのビーズ交換方法

ビーズがこぼれないよう、ゆっくり注ぐ。

STEP.8
終了

ヨギボーのビーズ交換方法

補充完了!

少々作業工程が長く、複雑そうに見えますが意外と簡単です。

一つ一つの作業を解説していきます。

STEP 1.まず始めに。

ヨギボーのビーズ補充のやり方

2人以上で行う。

ヨギボーのビーズ交換(補充)は2人以上で行いましょう。何故かと言うと、このあとの作業工程で必要になってくるからです。

 

一人でもできますが、二人以上でやると作業が捗り、速くそして安全にできます!

 

一人暮らしの場合は・・・。友達とか親・兄弟に手伝ってもらいましょう。

STEP 2.メガホンを組み立てる。

ヨギボーのビーズ補充のやり方

説明書が付いてきます。

ヨギボーはビーズを購入すると、資料が添付されてきます。マニュアルのようにも見えますが、こちらが「メガホン」になります。

 

こちらを必ず組み立てましょう!組み立て方は簡単で、丸めてツメの部分をひっかけます。

ヨギボーのビーズ補充のやり方

メガホンを組み立てる。

非常に簡単にメガホンを作ることが出来ます。このメガホンは後々、ビーズを補充する際に必要になります。

 

無くてもできますが、非常にめんどくさいのでメガホンを作っておいて損はないです!

STEP 3.カバーの取り外し。

ヨギボーのビーズ補充のやり方

本体を取り出す。

ヨギボー本体を横に倒し、外側に付いているジッパーを開け中のインナーカバーを取り出します。

 

立てながら作業を行うのはやりづらく、ジッパーがズレテしまい生地を噛んでしまう可能性があるので、横にして作業をしましょう。

 

外したアウターカバーは洗濯できるので、ビーズを交換する際洗濯も一緒に行うと良いと思います。

STEP 4.ファスナー側を上に持ち上げる。

ヨギボーのビーズ補充のやり方

ファスナーを開ける。

ファスナーを開け、インナーカバーを取り出したらヨギボーを立てましょう。

 

立てることにより、中のビーズが下に行き上にスペースが出来ます。このスペースがあることにより、ビーズが入れやすくなるからです。

 

これをやらないと、インナーカバーを開けた際、ビーズが出てきてしまう恐れがあるからです。

STEP 5.インナーのファスナーを開ける。

ヨギボーのビーズ補充のやり方

安全ピンなどでファスナーを開ける。

ファスナースライダーを開ける際に、クリップや安全ピンを使うことにより、簡単にファスナーを開けることが出来ます。

 

クリップ等使わなくても開けることは出来ます。

 

でもこのように公式サイトでクリップを使用していますので、なるべくクリップ等を使い開けましょう!

 

また、ファスナーは大体15cmほど開けます。開けすぎないようにしましょう。

STEP 6.メガホンを装着する。(ここからの作業は2人で行う)

ヨギボーのビーズ補充のやり方

メガホンを本体に差し込む。

ファスナースライダーを15cmほど開けたところに、「STEP 2」で作成したメガホンを差し込みます。

 

メガホンは先の細い方をインナー内に差し込みましょう。ここからは2人以上で作業を始めます。

ヨギボーのビーズ補充のやり方

2人以上で作業しよう。

メガホンを差し、インナーカバーを上に引っ張り、ビーズを下に寄せスペースを作ります。

 

余分に開いていたら、ここでなるべく閉めるようにしましょう。ビーズを注ぐ際、安定しないため。

STEP 7.ビーズを補充する。

1人がメガホンを両手で持ち、ビーズを入れやすくします。もう1人がビーズを注ぐ係りとなります。

 

補充するビーズの口を10cmほど開けます。

 

メガホンを持っている人は、常にインナーカバーを上に引っ張り、ビーズを下に寄せ、スペースを確保します。

 

注ぐ人は、ゆっくりと丁寧に、ビーズをこぼさないように注いでいきます。ビーズは満タンに補充はせず、スペースを開けておきます。

 

アウターカバーをするとき、取り付けできない可能性があるからです。なので余裕がある状態で、ビーズの補充をやめます。

 

メガホン周りについているビーズを落とし、ファスナースライダーを閉め、アウターカバーを取り付け、好みの硬さならここで終了です!

STEP 8.ビーズ補充完了。

ヨギボーのビーズ補充のやり方

ここまで少し長い行程だったかと思いますが、実際作業してみると簡単でした!

 

でも1人じゃなかなか出来ないなと思ったのが正直なところです。

 

公式サイトにあるように、2人(またはそれ以上)で作業を行うと楽々できると思います。

 

ヨギボーも長く使っていれば必ず「へたり」がきます。定期的にメンテナンスを行い、気になるようでしたらビーズを補充(交換)しましょう!

TRY NOW

ヨギボーのビーズ補充のやり方を動画でも解説。

ヨギボー公式では、ビーズの交換(補充)を動画で配信しています。

 

とても見やすく、わかりやすいのでビーズの補充のやり方は動画を参考にしてみてはいかがでしょうか。

2種類ありますが内容はどちらも変わりません。

 

一つ目に紹介した動画の方が、かなり細かく説明されているので見やすいかもしれません。

ヨギボーのビーズの代用は可能なのか。

ビーズの代用は可能。

おいも
あくまで個人的な考えです。

ヨギボーのビーズは決して安いものではないので、代用できるものがあるとコスパですよね!

 

しかし、例えばニトリのビーズで代用した場合、以下のことが考えられます。

  • 今まで座っていた感触と異なる。
  • 他社のビーズを使用して、ビーズが詰まってしまうことが考えられる。
  • 逆に高くついてしまう。

SNS等、ヨギボーのビーズの代用に関することを調べてみましたが、情報はありませんでした。

 

壊れてしまう可能性も考えられますので、ビーズの代用はお勧めできません。

ビーズクッションのビーズの代用一覧

ニトリ

MOGU

アウトスタイル楽天市場店

大東寝具工業 楽天市場店

ウレタンやのコバさん

城野寝具株式会社

オカドン

インテリアのゲキカグ

ハナロロ

ヨギボーのビーズを安く購入するには。

ヨギボーのビーズ補充のやり方

交換用ビーズは全3種類。

ヨギボーのビーズは3種類ございます。

 

とはいっても、性能が変わるとかではなく、単純に量が違うだけです。

 

ビーズ量が多い物ほどお得になるので、ヨギボーを毎日使う人は3000gがお勧めです!

おいも
少しでも安く購入したいのなら、量の多いものを選ぼう!

またキャンペーンで、ヨギボーのビーズが無料になることもあります。

セット購入や店舗購入限定など、条件はありますが無料でビーズが手に入ることもあります!

 

しかし、持ち運ぶのも大変なので通販での購入がお勧めです!

TRY NOW

☑セールで安く購入しよう!

ヨギボーのビーズは静電気を感じる。

ヨギボーのビーズは発泡スチロールビーズのため、静電気を感じやすいです。

 

袋の内部にビーズがくっついてしまうこともありました。指に感電するようなことはなかったため、あまり気にされなくても大丈夫かと思います。

ヨギボーのビーズの交換、詰め替えがめんどくさい方へ。

リペアサービス

ヨギボーを新品同様の姿になります!

ここまでの「作業工程がめんどくさい!」と思われた方にも大変うれしい、リペアサービスがございます。

 

少々お値段が張りますが、郵送対応しておりまた直接店舗へ持っていき、直していただくことも可能です!

 

直接店舗でリペアサービスを提供している店舗は、

・関西:Yogibo Store 御堂筋本町店(大阪府大阪市)

・関東:Yogibo Store 八千代店(千葉県八千代市)

の2店舗です。またお近くの店舗でも申し込めるようです。

 

近くにない方は、郵送を修復してもらいましょう!購入して1年以上経過していても、対応してくれます!

ワンランク上の生活へ!
  • セールで10%以上オフ
  • 10万円以上の購入で送料無料
  • 多用途で持ち運びやすい
  • 選べるカラーは17色以上

まとめ。

ビーズの交換まとめ
  • 早い人で2~3か月。1~2年くらいが多い。
  • ビーズの劣化は見た目で分かる。
  • 触っただけではわかりづらい。
ビーズの劣化には個人差があります。

結論から申し上げますと、「ビーズを直接目で確認しないとわからない」です。

 

なので交換(補充)頻度なんかも個人差が出ますので、中のビーズを確認する必要があります。

 

また、見た目上(厚み等)気になるのであれば交換する必要があることがわかりました!

 

へたりが気になる方は、ビーズの交換(補充)を行いましょう!

コメントを残す