びずソファ推奨ビーズクッション☞

ヨギボーマックスは最高のビーズクッション!口コミでも話題な理由とは。

どうも、おいもです。

 

ヨギボーには種類が沢山あり、どのサイズを買うか悩んでいる方も多いはず。

 

またヨギボーマックスは数多くの著名人が所持しているのをご存知ですか?

 

そこで今回はヨギボーシリーズで1番人気のある、ヨギボーマックスのオススメな理由や魅力について書いていきます。

ヨギボーマックスはどんなビーズクッション?

ヨギボーマックス

一番人気のあるビーズソファ

ヨギボーマックスの値段は29,800円(税抜)と高額!

MaxMidiMini
29,800円25,800円15,800円

※値段は全て税抜表記です。

ヨギボーマックスは、ヨギボーのビーズクッションの中で2番目に高い商品です。

おいも
ちなみに一番高いビーズソファはヨギボーダブルです。

お値段ですが29,800円(税抜)と決して安くはないです。むしろ他社様のビーズソファより2倍~3倍ほど高いです。

 

ビーズソファが初めての方にとっては、なかなか手が出しづらい金額なのは間違いありません。

 

周りの友達も「値段が高くて・・・」と言う人も多いです。しかしヨギボーマックスは、値段が高いのに1番人気のサイズです。

 

お値段以上の効果を発揮してくれるのがヨギボーマックスです。

おいも
多機能で使いやすいと言われています!

サイズが大きいので、色々なことに使える。

MaxMidiMini
長さ約170cm約130cm約95cm
約65cm約65cm約65cm
厚み約48cm約45cm約45cm
重さ約8.5kg約6.0kg約4.5kg

ヨギボーマックスの見た目は、他のヨギボーとは長さと重さが大きく違うところです。その他は見た目上そんなに差が無いことがわかります。

 

リクライニング、一人用チェア、ソファはもちろんのこと、また「長さがある」ということは、ベッド代わりにできるということです。

ヨギボーマックスができること
  • ソファベッド
  • リクライナー
  • 一人用チェア

そしてヨギボーマックスは大きいだけに、重さが約8.5kgと結構重いです。両手を使えば持てるサイズなのでそこまで気にする必要はないです。

 

ヨギボーマックスの機能性は、ヨギボーの中でも1番使いやすく多機能であることは間違いありません。

ヨギボーマックスとヨギボーミディを比較。

ヨギボーマックスとヨギボーミディの比較

ヨギボーミディ

ヨギボーミディ

ヨギボーマックス

ヨギボーマックス

価格(税込)

28,380円

4,400円安い。

32,780円

高い。

長さ

約135cm

約45cm短い。

約170cm

長い。

約65cm

同等。

約70cm

同等。

厚み

約45cm

約3cm短い。

約48cm

少し長い。

重さ

約6.0kg

約2.1kg軽い。

約8kg

少し重い。

ぱっと見似ているサイズである、ヨギボーマックスとヨギボーミディを比較してみました。

 

全体的なサイズ感は、ヨギボーミディを一回り大きくしたサイズという印象。価格及び長さに、大きな差が見られた。

 

幅の広さにも若干ではありますが差がありました。

ヨギボーマックスの使い方を紹介。

ヨギボー公式サイトでは、youtubeにてヨギボーマックスの使い方が紹介されています。

ヨギボーマックスの使い方3つを紹介

・チェア

・リクライニング

・ベッド

動画だと非常にわかりやすく紹介されています。またヨギボーを購入した時に、取扱説明書がついてきます。

ヨギボーの取扱説明書

ヨギボー購入時に付いてくる取扱説明書

ヨギボーの欠点で、「うまく形ができない」というお客様の声がございました。ヨギボーを使う前に、一度目を通しておくといいでしょう。

 

また公式サイトにも取扱説明書がダウンロードできるのでチェックしてみてください!

ヨギボーの使い方及びQ&A

ヨギボーマックスで魅力的なベッド機能。

ヨギボーマックス

ヨギボーマックスをベッドとして使う。

ヨギボーマックスはビーズソファでは数少ないベッドの代用として使うことがます。

 

ヨギボーマックスは約170cmもあり実際に横になるとそれ以上の長さです。

おいも
大人でもしっかりと寝転ぶことができます!

普通のベッドとは異なり、フィット感があり厚みもあるので寝心地がとてもいいです。

 

しかし個人的にはヨギボーはとても寝づらく、熟睡はできませんでした。

 

ベッド代わりには様々な欠点がございます。詳しくは【ヨギボーをベッド代わりは微妙】でまとめています。

背もたれの高さ調節がしやすい。

ヨギボーマックス

一人用の椅子として使う。

ヨギボーマックスはヨギボーミディとは違い縦に長いので、背もたれの高さ調節の幅が広いです。

 

座り心地はとても良く、ビーズがやらかくてほんとに最高です。

 

色んな「人をダメにする~系」を試してみましたが、この背もたれが無いものばかりでした。

おいも
背もたれは座り方を変えて、自分で作る必要があります。

ヨギボーは椅子のように背もたれを作ることが出来るので、とても安定感があり疲れない特徴があります。座ったことのない人は、一度試してみてほしい。

リクライニナーとして使う。

ヨギボーマックス

リクライナーも可能。

ヨギボーのビーズソファはヨギボーミディ以上のサイズになるとリクライニングすることができます。

 

個人的には座ることよりも、リクライニングとして使用することが多いです!これがまた最高です。

 

テレビ・動画・漫画を見ている時、ゲームをしている時などにリクライニングをして使うことが多いんですが、とてもリラックスでき快適です。

 

リクライニングをしながらお昼寝してしまうこともあります。このリクライニングという機能は非常にお勧めです。

ソファとして使う。

ヨギボーマックス

二人以上でソファとして使う。

大人2人ならソファとして座ることが出来ます。(横幅にもよります)

 

一回り小さいヨギボーミディはラブソファを謳っており、かなり密着して使うことになります。

おいも
ラブソファは窮屈なのであまりお勧めしません。
ヨギボーマックス

ヨギボーロールと組み合わせればさらに快適になる。

そしてヨギボーマックスなら「ヨギボーロールマックス」と組み合わせることができます。

 

「ヨギボーロールマックス」とは、肘掛けやクッション、背もたれ、抱き枕として更に快適にすることができます。

 

ヨギボーロールがあるのとないのとでは、使いやすさ・見栄え・快適さが俄然違います

ヨギボーマックスの置き方

ヨギボーマックス

ヨギボーはサイズが大きいので、邪魔になると思われがちですが画像のように立てかけておくことができます。

 

確かに、そのまま寝かせておいていると邪魔になるし掃除がやりづらいです。

 

ですが、立てかけて置くこともできるので掃除もしやすく邪魔になりません。

おいも
立てかけて置くと、圧迫感がなくなるのでお勧めです!

ヨギボーマックス専用の冷感シートが便利!

 

ヨギボーチリーシート

ヨギボーマックス専用の冷却シート

Yogibo Chilly Sheet(ヨギボーチリーシート)」という、ヨギボーマックス専用の冷感シートがございます。

 

ヨギボーの素材はコットンで出来ており、夏場は非常に暑いです。アウトドア用の「ヨギボーズーラ」にするのも暑さ対策の一つになります。

 

ですが、このヨギボーチリーシートは税抜3,980円と「ヨギボーズーラ」カバーよりも安くて夏場には非常に便利です。

 

ヨギボーマックス専用と言いましたが、折り曲げたり工夫をすれば他のサイズにも使えると思います。

 

またヨギボーの暑さ対策について紹介しています!

ヨギボーマックスと併せて使いたいオプションアイテム。

ゲーム用として使うとき。

ヨギボーマックスとゲーム

おすすめオプションアイテム【ゲーム編】

・タブロー

主に、ヨギボーマックスをTVゲームやアプリゲームをするときに使用したい方には、タブローと組み合わせるのがお勧めです。

 

タブローはiPadやiPadminiなどを付けることができ、三角形になっているため角度がちょうどよくなっています。

 

また、タブローは柔らかく膝に置きやすくなっているので使いやすいです。

映画鑑賞や読書として使うとき。

ヨギボーマックス

おすすめオプションアイテム【映画編】

・ヨギボーサポート

・グリッピボー

・ネックピローX

映画鑑賞や読書を快適にしたい方は、ヨギボーサポートなどと組み合わせるのがお勧めです。

 

ヨギボーサポートで肘掛け・背もたれを作り、ネックピローで首を補助し、グリッピボーでタブレットを支え、手ぶらにすることができます。

 

これはヨギボーマックスに限らず、他のサイズでもお勧めしたいオプションアイテムの使い方です。

 

グリッピボーは非常に人気があり、予約販売となっていますので公式サイトは常にチェックしたいところです。

ベッドとして使うとき。

ヨギボーマックス

おすすめオプションアイテム【睡眠編】

・ヨギボーブランケット

・ヨギボーピロー

・ヨギボーロールミディ

ベッドとしてヨギボーを使うなら、ヨギボーロールミディは欠かせません。ヨギボーロールは抱き枕、背もたれ、肘掛けと色々な使い方ができます。

 

また、ヨギボーピローとはヨギボーが提供している枕になります。手触り、フィット感が優れています。

 

快適な睡眠を求めるなら、ヨギボーのオプションアイテムは欠かせません。

複数人で使うとき。

ヨギボーマックス

オプションアイテム【家族団欒、観戦編】
  • ヨギボーロールマックス
  • ヨギボーボールマックス
  • ヨギボーフットボール

ヨギボーマックスを複数人、またはスポーツ観戦などの使い方をする方には、ヨギボーロールマックスがお勧めです。

 

ヨギボーロールマックスは長さがヨギボーマックスと合い、3人以上で使うことができます。

 

ソファとしてヨギボーマックスを使用するなら、必ず併せて使いたい商品です。心地よさ、快適さが段違いです。

ヨギボーマックスは安く買う方法

直接店舗で購入すれば送料がお得になる。

ヨギボーストア

ヨギボーマックスは決して安くない商品です。よって、少しでも安く買いたい人も多いはずです。

 

そこで調べてみたのですが、どこも税込32,184円は変わりませんでした。

 

直接店舗で買うメリットは、送料がかからなくなります手で持ち帰るのは厳しいので、車がある前提の話です。

 

ましてやヨギボーマックスとなると、半端なく大きいです。持ち運びづらく、恥ずかしいと思うので送料は抑えられますが、あまりお勧めはしません。

関連記事:ヨギボーを3000円安く購入する方法

セール期間中に安く購入

ヨギボーのセール

ヨギボーは頻繁にセールを開催しています。

基本的には全品10%オフのセールを期間限定で開催することがあります。特に行事ごとの前後で開催される傾向があります。

 

ヨギボーマックスは値段が高い商品なので、10%オフでもそこそこ安くなります。

 

ヨギボーを安く買いたいなら、このチャンスを見逃さないようにしましょう。

 

またヨギボーにはアウトレット品があります。ストアによってはアウトレット品を取り扱っているので、ぜひチェックしてみましょう!

ヨギボーマックスにも大きな欠点。

先ほどから少し触れてはいますが、ヨギボーマックスにも欠点がございます。

 

ヨギボーの欠点や失敗談について以前紹介しましたが、ヨギボーマックスに見られる欠点や注意点を紹介します。

ベッドとして使えるが寝返りは打てない。

ヨギボーをベッドとして使う際の欠点は、寝返りが打てないのが残念なところでした。

 

寝相が悪かったり、同じ体制で寝れない方はかなり寝ずらいのではないかと思います。

 

リクライニングをするには申し分ないですが、いざ睡眠をとるとなると眠りが浅くなる気がします。

 

昼寝やゴロゴロしたい時には最適かもしれませんが、深く睡眠をとる場合は注意が必要です。

体が沈むため立ち上がるのが困難。

ヨギボーのビーズソファは、座ったり寝転んだりするとビーズが体を纏い、体が沈んでいきます。

 

体がビーズソファに沈むおかげで立ち上がりづらいことがわかりました。

 

腰痛の方や腰が悪い人には少し不便かもしれません。腰が悪くない人でも、起き上がりづらいなと思います。

 

ただし、そこを除けば大きいサイズなので、リクライニングをするには余裕があります。ソファとしての幅も広いので、使い勝手が良いなと思いました。

機能面では充実しているが値段が高い。

使用用途が豊富なヨギボーマックスなので仕方がないのかも知れませんが、個人的に値段が32,000円以上するのは高いなと感じました。

 

送料を含むとなると値段が35,000円を超えてしまうので、安易に手が出せない商品だと思います。

おいも
ヨギボーはセールが多いが、それでも高額に感じます。

確かに、ソファやベッドを買うよりは安いかもしれませんが、ビーズソファに馴染みのない人からすれば、高いと思います。

 

また、買った当初はいいが時間が立つにつれ、使わなくなる可能性が十分に考えられます。

 

先のことを考えるとキリがありませんが、決して安い商品ではないのでよく考えて購入したほうがいいかもしれません。

おいも
もっと安いビーズソファは無印ニトリがあります!

ヨギボー独特のにおいがキツイ。

ヨギボーの口コミで一番目にする欠点は、初期症状と言っても過言ではない独特の「匂い」です。

 

気分を悪くした方や、気持ちが悪くなった方も少なくありません。

 

ですが、私はそこまで気にはなりませんでした。特に消臭剤を撒いたわけでもなく、自然と匂いは消えていました。

おいも
10日くらいすれば、嫌な臭いがなくなりました!

サイズが大きいのでヨギボーピラミッドやヨギボーミニと比較すると、独特のにおいが長続きする恐れがあります。

 

こればっかりは仕方がありません。概ね1週間もすれば匂いはなくなるので、自然に待った方がいいです。

 

むしろ消臭剤とかを無暗に撒くのは、かえって悪化する恐れがあるのでやめましょう。

おいも
ヨギボーの臭い対策について書きました!

個人で持ち運ぶのは難しい。

先ほども言いましたが、送料はかかり少しお金がかかりますが通販サイトで買った方が絶対に良いです。

 

理由は、ヨギボーマックスを持ち運ぶのは邪魔になるし、ほぼ不可能に近いからです。

 

私は一番小さいサイズのヨギボーピラミッドでさえ、持ち運ぶのが恥ずかしかったし、車にもぎりぎり積めました。

ヨギボーを車に乗せる

ヨギボーピラミッドを普通車に乗せたとき

軽自動車ではありませんが、ヨギボーピラミッドでもかなり幅を取ります。ヨギボーピラミッド以上のサイズは正直運べません。

 

軽トラとか、大型車にならないと不可能に近いのではないでしょう。その点踏まえ、配送料はかかりますが通販サイトで購入する方が絶対に良いです。

関連記事:ヨギボーを店舗で購入するメリットとは

ヨギボーマックスの劣化を改善する方法。

ヨギボーマックス

リペアサービス利用後のビフォーアフター

ヨギボーはサイズが大きいので洗濯をするにも手間が非常にかかります。またへたりを気にされる方が多いと思います。

 

あらかじめ申しますと、ヨギボーに限らずビーズソファはへたります。それには個人差があります。

 

公式サイトへ問い合わせたところ、早い人で2~3か月でへたるそうです。

 

なぜなら、中のビーズが潰れてしまい、弾力とともにハリが失われてしまいます。

へたりを改善する方法

ビーズの交換とヨギボーのサービスにある、「リペアサービス」を利用しましょう。リペアサービスについては「リペアサービスの詳細」で解説しています。

ヨギボーマックスを購入したお客様の口コミ。

購入した方々の口コミを拝見させていただきました!全体的に評価が高く見られました。

 

ヨギボーマックスの口コミは、全体的に評判がよかったのが印象的でした。

公式ストアで買いました。値段は高いですが使い勝手はとてもいいです。
非常に軽くて、移動も楽です。体にフィットして最高です。
カバーの耐久性も相当です。今で半年ほど経ちますが中のビーズがボリュームダウンしてます。補充ビーズを追加注文しました。
非常にオススメ。

引用:Amazonレビュー

やはり使い勝手の良さが評判ですね!個人差があるので、補充ビーズは購入した方が良いかもしれませんね。

 

ビーズの補充は手間がかかるので、こちらもリペアサービスに頼むと業者が全てやってくれます。

 

費用が多少かかりますが、個人で行うより楽で安心できるのが強みです。

多くの方がヨギボーマックスでダメになっています!

 

また、人と同じくらい犬や猫もダメになります!多用途で非常に便利なビーズソファです。

使い心地は最高。でもちょっと臭い。新品の工業製品の匂いがします。写真よりも色は濃いです。

引用:Amazonレビュー

「匂い」が気になる方が多かったです。ですが、この匂いは最初だけなのであまり気にしなくても大丈夫です。

 

「この匂いで気分が悪くなった」という口コミもありましたが、さすがに言いすぎだと思います。そこまで気分は悪くなりません。

熱い!接触面に熱がこもってしまいます。1枚冷却なシーツをかけるとなんとか…冬ならいいのかな。

引用:Amazonレビュー

こちらに関しては、先ほど書きました「Yogibo Chilly Sheet」で暑さ対策できます。

 

思ったよりも高評価が多かったです。ヨギボーマックスはかなり評判のいい商品です。

まとめです。

ヨギボーマックスは使用用途が幅広く、一つ持っていれば非常に便利な商品です。一番人気な理由がよくわかります。

 

どのサイズを買おうか悩んでいるならヨギボーマックスで間違いないと思います。ですが、やはりネックなのが値段なのではないでしょうか。

 

是非皆さんも体験してみてください。

コメントを残す