無印「体にフィットするソファ」はへたる!へたりや寿命について紹介!

どうも、おいもです。

 

ビーズクッションで一番気になる項目でもあるのが、劣化による「へたり」です。

 

体にフィットするソファにも言えることですが、長年使用していれば必ずへたります。

 

では実際にどれくらいでへたるのか。へたる原因や寿命について紹介します。

体にフィットするソファがへたる原因。

ビーズが潰れてしまう。

一番多いのがビーズが潰れてしまうことです。

 

長年使用していれば、ビーズもしぼんでいき厚みがなくなり、ビーズクッション自体の厚みもなくなります。

 

結果的にへたってしまい、地べたに近い座り心地になります。また、ビーズが潰れてしまう原因は以下の2つが考えられます。

  1. 使い方が乱雑
  2. 使用人数が多い

個人差もありますが、ビーズが潰れてしまう原因について解説します。

使い方が悪い。

殴る

取扱説明書通り使い方をしている分なら問題はありません。

 

しかし中には、ビーズクッションの上で飛び跳ねたり、殴ったり蹴ったりする方もいます。

 

また小さいお子さんがいると、飛び跳ねてしまうのも無理はありません。

おいも
ビーズクッションは安定感がそれほどないので、飛び跳ねたりするのはやめましょう。

ビーズクッションをトレーニングとして扱う方もいると思います。

 

使い方については自由ですので「ダメだ」とは言いませんが、すべて自己責任でお願いいたします。

 

通常と異なる使い方をすれば、何かしらの影響がありビーズやクッションの劣化を早めてしまうことも考えられます。

 

なるべく正しい使い方を、公式や説明書に記載されている使い方をすることが長持ちの秘訣です。

複数人で使用する。

子供がビーズクッションに座る

体にフィットするソファは、あまり大きくないので基本的には1人で使うビーズクッションです。

 

2人以上で使っても問題はありませんが、使いにくかったりと満足して使えないかもしれません。

 

ではなぜ、複数人で使うとビーズの劣化を早めてしまうのかというと、それは体重(重さ)によるビーズの破損です。

おいも
ビーズクッションには様々な大きさがありますが、使用人数の制限の記載がされていないものが多いです。

冒頭でも説明しましたが、ビーズが潰れてしまうとビーズクッションはへたってしまいます。

 

複数人で使用すれば、1人で使う時よりもクッション全体に負荷が生じるためビーズの劣化が早まります。

 

また個人差はありますが、体重が多いほど劣化が早くなることも言えます。

 

これらを考慮すると、個人差がありますが必ずビーズは潰れてしまいへたってしまうのです。

カバーの劣化によりへたって見える。

体にフィットするソファ

カバーの汚れや劣化により、体にフィットするソファがへたってみえることもあります。

 

中にはカバーの洗濯を全くしない方もいます。

 

ビーズクッション全部に言えることですが、意外とカバーを洗濯すると、へたりが直ったりするので気になる方はやってみてください!

おいも
見た目も改善されたりするので洗濯してみるのも1つの手段です。

数年でへたる?へたりや寿命は人それぞれ。

5年以上もった方もいれば、1年未満でへたってしまった方等と様々ない意見がありました。

 

ざっと見た感じだと、約2年くらいは持つのかなとう印象です。

 

ですがあくまで口コミであり、実際に使ってみると誤差があります。また使用頻度も異なるので一概には言えません。

 

ヨギボーのビーズクッションは早い方で2~3か月といわれていたので、体にフィットするソファは頑丈なのかもしれません。

TRY NOW

ビーズくしょんがへたってしまった時の対処法。

ビーズの交換がベストですが・・・。

ヨギボーの交換用ビーズ

ヨギボーの交換用ビーズ

ビーズクッションはメーカーによっては、へたった時のために交換用のビーズを販売しているところがあります。

 

しかしながら、体にフィットするソファでは交換用ビーズの販売は行っておりません。

 

ビーズクッションのへたりは、ビーズの交換がベストではありますが無印ではできません。

おいも
本体からビーズが取り出せない形になっています。

ではどうすればいいのかというと、体にフィットするソファの本体を再度購入する必要があります。

 

長い目で見るとコスパの悪いビーズクッションにはなってしまいますが、ビーズの劣化は本体を購入しないと改善されません。

カバーの洗濯をしてみる。

洗濯

先ほども紹介しましたが、カバーの洗濯をすることによりへたりが改善されることがあります。

 

見た目上のへたり改善に適していますが、実際のビーズが復活するわけではないので注意してください。

 

へたりがビーズの劣化ではなく、カバーの汚れ等によるへたりかもしれませんのでやってみる価値ありです。

カバーを買い替える。

体にフィットするソファのカバーを買い替えることにより、へたりが改善した方もいます。

 

先ほど解説した「カバーの洗濯をする」と似ていますが、カバーの劣化によりへたっていることも考えられます。

 

カバーの洗濯及びカバーの買い替えは、体にフィットするソファのへたり対策に有効かもしれません!

TRY NOW

買い替えるならヨギボーのビーズクッションがお勧めです!

ヨギボー

無印の体にフィットするソファには、ビーズの交換ができない欠点があります。

 

長期で使っていくとなると、この欠点が大きく響くことが考えられます。

そこでお勧めしたいビーズクッションはヨギボーです!

 

ヨギボーはビーズの交換が可能で、手間のかかる洗濯やビーズ交換を業者にお願いできるサービスもあります!

 

自分でビーズクッションのメンテナンスを行うのは、手間が非常にかかるのでありがたいサービスです。

 

そのほかにもヨギボーでは、セールを沢山行っており送料も無料になることもあります。

 

体にフィットするソファから買い替えようと考えている方は、ヨギボーが非常におすすめです!

ワンランク上の生活へ!
  • セールで10%以上オフ
  • 10万円以上の購入で送料無料
  • 多用途で持ち運びやすい
  • 選べるカラーは17色以上

まとめ。

今回は体にフィットするソファの寿命やへたりについて解説しました。

 

体にフィットするソファに限らず、ビーズクッションは必ずへたります。そこで対策をするのか買い替えるのかで別れます。

 

対策も改善もすべて費用がかかるので、どうせなら長く使いたいですよね?

 

すぐにへたってしまう方は、まず使い方を改めてカバーの買い替えや洗濯をしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す