ヨギボーの最新セール情報はこちら➤

ヨギボーとハナロロのビーズクッションを比較!どっちがいいのか解説!

どうも、おいもです。

 

様々な人をダメにするソファを比較してきましたが、ヨギボーを超えるビーズクッションは今だありません。

 

新たに見つけたビーズクッション【ハナロロ】は、楽天市場で非常に評判のいいビーズクッションです。

 

ヨギボーとハナロロ、いったいどちらがいいのか徹底的に比較してみました!

ヨギボーとハナロロのビーズクッションを比較

ハナロロのビーズクッションには、

  • オニオン
  • ポトラ
  • カタチのないソファ
  • バルーンソファ

と4種類のサイズを展開しています。今回比較するサイズは一番大きな【メガオニオン】と【メガポトラ】というサイズです。

 

どちらもヨギボーのビーズクッションと近しいサイズだったため、わかりやすいと思い比較しました。

\国内販売数3年連続No.1!/

ヨギボーポッドとメガオニオン360ℓ

ヨギボーポッドとメガオニオンの比較

ヨギボーポッド

ヨギボーポッドに座る男の子

メガオニオン

ハナロロ

価格(税込)

28,380円

安い

30,080円

1,700円高い

サイズ

奥行122×幅91×高さ91cm

高さがと奥行がある

幅105×奥行105×高さ45cm

幅がある

重さ

約7.6kg

軽い

約8kg

少し重い

カバーの材質

コットン 89%
ポリウレタン 11%

少しもそもそしている

ポリエステル100%

サラサラしている

カバー色

17色

多い

5色

少ない

ヨギボーミディとメガポトラ240ℓ

ヨギボーミディとメガオニオンの比較

ヨギボーミディ

ヨギボーミディに寝転ぶ男の子

メガオニオン

ハナロロ

価格(税込)

28,380円

高い

21,080円

7,300円安い

サイズ

奥行135×幅65×高さ45cm

奥行がある

奥行125×幅90×高さ70cm

幅と高さがある

重さ

約6.0kg

軽い

約5kg

少し重い

カバーの材質

コットン 89%
ポリウレタン 11%

少しもそもそしている

ポリエステル100%

サラサラしている

カバー色

17色

多い

5色

少ない

注意

サイズの大きさは似ていますが、形状と用途少し異なるため参考程度に比較してください。

ヨギボーとハナロロどっちがいいの?

ヨギボーのメリット

ハナロロとヨギボーはどちらにも良さがあり、欠点もあります。

 

先ほど比較してわかったことは、

  • カラーバリエーションの差
  • 価格差
  • 大きさ

などの差が目立ちました。比較してわかったことは、ヨギボーの方が種類が豊富ということです。

 

しかしハナロロはバリエーションこそは劣るものの、価格は全体的に安いことがわかります。

 

ある程度の差はありますが、どちらも良いビーズクッションであることは変わりません。

 

ではどういった方におすすめか具体的に解説します。

ヨギボーは国内販売数No.1
Yogibo(ヨギボー)
  • セールで10%以上オフ
  • 10万円以上の購入で送料無料
  • 多用途で持ち運びやすい
  • 選べるカラーは17色以上

サイズ、色、用途に拘るならヨギボー

ヨギボー全サイズ比較

ヨギボーはビーズクッション業界でもナンバーワンのサイズ・バリエーションの多さを誇ります。

 

また購入した後、有料ではありますがメンテナンスを頼むことができるので、長く継続して使うことができます。

 

大きなサイズを購入すれば用途が増え、物を減らすことも可能です。

 

ヨギボーの良いところは、

  • 物を減らすことができる
  • 持ち手があるクッションがある
  • バリエーションが豊富
  • カバーの洗濯ができる
  • 口コミや評判が良い
  • 独立した店舗がある

など多くのメリットがあり、ブランドとしても信頼性や信用性があります。

 

欠点は値段が高い、匂いがきついなどのヨギボーによる失敗談も数多くあります。

 

しかし、それでもヨギボーの口コミや評判は群を抜いて評価されていることは間違いありません!

\国内販売数3年連続No.1!/

価格で選ぶならハナロロ

ハナロロ

ヨギボーに比べて、ハナロロのビーズクッションは比較的安いです。

 

シンプルな丸い形から、背もたれのある特殊な形まで複数のサイズを展開しています。

 

サイズによってはコンパクトになればなるほど料金が安くなります。カバーも複数あるので選びようによってはかなりコスパです。

 

しかしハナロロにも欠点があり、

  • 店舗がなく販売はオンラインのみ
  • カバーの洗濯ができない
  • カラーバリエーションが少ない
  • 場合によっては高くなる

といったデメリットも多少ながらあります。店舗がないため、実物を見ることができないのが残念です。

 

実物は写真で見るよりも大きく、決して安いお買い物ではないため、【購入して失敗した方】も少なからずいます。

 

よく考えて、しっかりと吟味して購入していただければと思います。

まとめ

ハナロロとヨギボーのビーズクッションを比較しました。

 

どちらもいいビーズクッションではありますが、個人的にはヨギボーがお勧めです。

 

価格こそは高いですが、実際に体験ができ口コミや評判の数も多いので信憑性があります。

 

バリエーションも豊富なので、一度ヨギボーのお店で体験してみてください!

\国内販売数3年連続No.1!/

コメントを残す