ヨギボーアウトレットセールはこちら☞

ヨギボーのカバーの代用は可能?おすすめしないわけとは。

どうも、おいもです。

 

ヨギボーはビーズクッションの中でも値段が高い商品です。長く使っていけば必ず劣化等が生じます。

 

ビーズやカバーの劣化は交換することができますが、ヨギボー製はどうしても値段が高くて躊躇してしまいます。

 

ヨギボーののカバーは、他社製のビーズクッションのカバーで代用ができなくないです。

 

今回はヨギボーのカバーの代用について詳しく解説します。

ヨギボーのカバーの代用をすすめないわけ。

ヨギボー公式による代用カバーは販売されていない。

ヨギボーのカバーは、代用専用カバーなどのサービスや販売は行っておりません。したがって、他社製のカバーに取り換える必要があります。

 

またカバーの代用ができるのはアウターカバーのみとなります。インナーカバーは交換不可能です。

 

カバーを代用するのは公式で言及されていません。

座り心地や肌触りが変わる。

まずヨギボーのカバーを他社製に変えるということは、大きくわけて二つの異なる点があります。

  • 座り心地が変わる
  • クッションの肌触りが変わる

また細かい点でいうと、劣化しやすくなることやごみが付きやすくなることもあります。

 

ヨギボーはビーズクッションの中でも高額です。しかし、高額な理由はいくつかまりますが、一番は品質です。

 

品質然り、座り心地や耐久性はビーズクッション界においてナンバーワンと言っても過言ではありません。

おいも

実際に色々なビーズクッションを座ってきましたが、ヨギボーの感触やフィット感は他のビーズクッションとは段違いです。

 

これらを踏まえ、ヨギボーのカバーを他社製へ変えるということは、今までの座り心地がガラッと変わってしまいます。

TRY NOW

☑セールで安く購入しよう!

他社製のカバーとサイズが合わない。

仮にカバーを代用するとなると、サイズ選びは重要です。ヨギボーは様々なサイズが販売されており、形も独特なものが多いです。

 

なるべくサイズは大きめで余裕がある方が、ビーズが全体にいきわたるのでお勧めです。

 

サイズが小さすぎるとカバーが破れてたり、座り心地が悪くなってしまうので気を付けてください。

カバーの洗濯ができない場合もある。

ビーズクッションのカバーは物によってはカバーの洗濯ができないものがあります。

 

ヨギボーのカバーは、アウターカバーのみ洗濯が可能です。

関連:ヨギボーの洗濯方法について

 

カバーの洗濯ができないと、汚れや臭いが残ってしまうので、なるべく洗濯ができるものを選びましょう。

 

カバーはビーズクッションにおいて必須品です。間違ってもカバーなしで、本体のみで使用しないでください。

ヨギボーのカバーを安く購入する方法。

セール

ヨギボーは頻繁にセールを開催しています。その中でもたまに、ヨギボーのカバーが10~20%ほど安くなることもあります。

関連:ヨギボーのセールについて

 

カバーは代用するのではなく、新しく買い替えるのが一番いいです。

 

またアマゾンや楽天市場など、大手通販サイト等で購入しても割引率自体は変わりません。公式は10万円以上の購入で送料が無料になるのでお勧めです。

関連:ヨギボーを安く購入する方法

TRY NOW

☑セールで安く購入しよう!

アウトレットセール

ヨギボーの公式通販及びヨギボーストアでは、ヨギボーのアウトレット商品を取り扱っています。

 

このアウトレット品ですが、非常に人気があるのですぐに品切れになってしまいます。

 

なお、アウトレット品は最大で60%オフと非常にお得なので、アウトレット品は見逃せません!

 

またアウトレット品ですが、カバーが売られているところは今のところ見たことがないので、かなり珍しいことが考えられます。

関連:ヨギボーのアウトレットセールについて

リペアサービス

ヨギボーには劣化したクッションを直すサービス【リペアサービス】があります。

 

リペアサービスは、使用したヨギボーを新品同様に復活します。しかし、金額が少々高いのがネックです。

 

このリペアサービスを利用し、アウターカバーを同時購入すると40%オフになります。

 

意外と知らない方が多いです。リペアサービスを利用する際は、同時にカバーを購入することをお勧めします!

関連:リペアサービスについて

ヨギボーである必要はありますか?

意外とカバーやビーズの代用を考えている人が多いです。

関連:ヨギボーのビーズの代用について

 

そこで一つ疑問なのは、代用するくらいならそれってヨギボーである必要ありますか?

 

購入する前に、ヨギボーストア等でヨギボーを試したことがない人が【代用】を考えるのかなと個人的には思います。

 

ヨギボーを購入して自分には合わなかった方や腰を痛めたりする方もいると思いますが、それなら無理して使わず処分を検討してください。。

おいも
捨てるのがもったいないのであれば、譲ったりメルカリを検討しましょう。

今現在、ビーズクッションはヨギボーだけではありません。無印やニトリでもビーズクッションはあります。

 

ヨギボーよりも安くて使いやすいビーズクッションもあると思います。

 

わざわざ代用するくらいなら、買い替えて違うビーズクッションを使う方がはるかにコスパがいいです。

ワンランク上の生活へ!
  • セールで10%以上オフ
  • 10万円以上の購入で送料無料
  • 多用途で持ち運びやすい
  • 選べるカラーは17色以上

まとめ。

今回はカバーの代用について解説しました。ヨギボーのカバーの代用は、他社製でしか代用できません。

 

カバーを代用するくらいなら、ヨギボーを使うのをやめるか、カバーを買い替えることを勧めます。

 

代用することにより、メリットよりもデメリットの方が多いです。ヨギボーの魅力が損なわれるので、代用はお勧めできません。

コメントを残す