ヨギボーアウトレットセール☞

ヨギボーのサブスクリプションの実験開始!詳細をまとめてみた!

どうも、おいもです。

 

ヨギボーで新しいサービスが始まろうとしています。

 

まずはテストということで、発表された「subscription(サブスクリプション)」です。

 

いったいどういうサービスなのか。どんなメリットがあるのか調べてみました。

サブスクリプションとは。

サブスクリプションとは、商品やサービスに代金を直接支払うのでなく、利用できる期間に支払うサービスの事で、一般的には「定額制」のサービスの事を指します。

引用:nojima公式

今はやりのサブスクリプション(以下、サブスク)は、レンタルとは異なり、定額制というところがポイントです。

 

有名なサブスクは以下などが挙げられます。

  • アマゾンプライム
  • 漫画や電子書籍
  • 音楽 etc

レンタルと異なるのは、貸し借りする商品やサービスにお金を支払います。

 

一方サブスクは、商品ではなく一定期間にお金を支払います。

 

サブスクは、必要な時にだけ利用するといったサービスになっています。

ヨギボーのサブスクリプションテスト募集!

抽選でテスト募集が始まりました(募集終了)

ヨギボーのサブスクリプション

テスト募集100名様限定でありました(募集終了)

まだヨギボーのサブスクは正式的には決まっておりません。

 

まずはテスト期間ということで、抽選で100名様限定で利用することができます。

 

応募人数は、1442名様と多くの方の募集がありました。

 

ビジネスとして成功するのかが非常に気になります!

おいも
私は、応募しようとしたら募集が終わってました!

正式にサービスが開始されるのは約半年後。

ヨギボーの木村社長によれば、正式にリリースする場合は半年後とおっしゃっています。

 

まずはテストで100名様に利用してもらい、ビジネスとして成り立つのか経過を見る必要があります。

 

遅くても年内には、どうなるか発表がありそうですね!

ヨギボーのサブスクリプションの内容。

サブスクの料金について。

サブスクの料金は2つあります。

  • 月額1,680円
  • 月額1,980円

また、サブスクでかかる配送料は全て利用者負担となっています。

 

詳細について解説します。

月額1,680円の内容。

月額1,680円のサブスクで利用できるヨギボーは以下の通りです。

  • ヨギボーラウンジャー
  • ヨギボーバブル
  • ヨギボーミニ
  • ヨギボーピラミッド
  • ヨギボーサポート
  • ヨギボーロールマックス
  • ヨギボーキャタピラーロールロング

ヨギボーのビーズソファは比較的小さいビーズソファがメインとなっています。

 

一人で使うなら申し分ないビーズソファです!

 

またオプションシリーズも該当しますが、オプションシリーズにはビーズソファは付いてきません。

 

配送料も安く済みそうです。

月額1,980円の内容。

月額1,980円のサブスクで利用できるヨギボーは以下の通りです。

  • ヨギボーマックス
  • ヨギボーポッド
  • ヨギボードロップ
  • ヨギボーミディ
  • ヨギボーショート
  • ハギボー

比較的大きなビーズソファで、一人またはそれ以上で使えるサイズがメインです。

 

一番人気のあるヨギボーマックスが含まれています。

 

また、ヨギボーマックス2個分のサイズであるヨギボーダブルは、サブスク対象外となっています。

 

サイズも大きいので、送料が高くなるでしょう。

カバーの交換が無料!

ヨギボーマックス

ヨギボーのカバーが無料(送料は自己負担)になります!

 

ヨギボーのカバーはこんな時に交換できます!

  • カバーが汚れてしまった。
  • カバーの色に飽きてしまった。

ヨギボーのカバーの洗濯は、デリケートなのでかなり大変です。

 

気分転換でカバーの色も無料で変更できるのは、サブスクならではの楽しみ方ではないでしょうか。

 

補充ビーズ無料!

ヨギボーの補充ビーズ

補充ビーズの販売は3つあります。

ヨギボーの補充用ビーズが無料(送料は自己負担)でいつでも届きます!

 

実際購入するよりも安いので、サブスクはかなりお得になります。

 

しかし、補充ビーズは半年に1回と制限があります。

 

普通に使用していれば十分な期間ではありますが、人によっては早い方で2~3か月で劣化するそうなので何とも言えません。

おいも
体重もビーズの劣化に関係してくるので、半年に1回はどうなんでしょうか。

リペアサービスは全て無料!

リペアサービス

リペアサービスが無料です。

ビーズソファ界では珍しいサービスである、リペアサービスが無料(送料は自己負担)でうけられます!

 

リペアサービスの詳しい内容は、「リペアサービスの3つの魅力」で解説しています。

 

個人で頼むと費用がかなり掛かりますが、サブスクでは無料となりかなりお得です。

 

長期でヨギボーを使用するなら、欠かせないサービスになります!

送料について。

組み合わせ 全国 離島
ヨギボーマックス 1点 3,630円 19,800円
ヨギボーミディ 1点 3,080円 15,400円
ヨギボーショート 1点
ヨギボーポッド 1点
ヨギボードロップ 1点
ハギボー 1点
ヨギボーミニ 1点 2,420円 13,200円
ヨギボーラウンジャー 1点
ヨギボーバブル 1点
補充ビーズ3000g 1点
ロールマックス 1点 1,980円 11,000円
ヨギボーサポート 1点
キャタピラーロング 1点
補充ビーズ1500gまたは750g

参考:ヨギボー公式

1点のみの配送料(税込)をまとめてみました。これはあくまで目安になります。

 

2点以上同時発送になると、もう少し価格が変わります。

 

サブスクでは、リペアサービスや交換用ビーズ全てにおいて、送料は自己負担となります。

 

ヨギボーのへたる頻度については「ビーズの交換頻度はどのくらい」で詳しく解説しています。

 

長期でヨギボーを使うとなると、送料がかなり高くなると考えられます。

初月無料!

サブスクは契約期間はなく、初月は無料となっています。

 

最短で1か月から契約可能で、いつでも解約することができます!

ヨギボーのサブスクについて気になる点。

ズーラシリーズが選べない。

ヨギボーズーラ

アウトドア用のカバー

ヨギボーズーラカバーの記載が見当たりませんでした。

 

ズーラカバーは、アウトドア用で耐水加工されているカバーです。

 

ズーラカバーは通常のカバーとは材質が異なります。詳しくは「ズーラカバーと通常カバーの違い」について解説しています。

 

ヨギボーの欠点で、カバーが暑いことが良く挙げられます。ヨギボーの暑さ対策の1つでもあるのが、ズーラカバーへの交換です。

 

サブスクでは、ヨギボーを長期で利用する方が多いと思います。

 

そうした中で、暑い夏をどう過ごすかが重要になります。ぜひ、ズーラカバーの採用も検討いただければと思います。

サブスクを解約の際、返却時にかかる送料は自己負担なのか。

サブスク全般的に、送料は自己負担となっています。

 

サブスクを解約した後、ヨギボーを返送する際の送料はどこが負担するのでしょうか。

 

送料も安くはないので、詳しい詳細が欲しいところです。

交換ビーズはどのくらいの量が届くのか。

交換用ビーズが無料ではありますが、送料は自己負担です。

 

どのくらいの量のビーズが届くのが気になります。

 

750gと少ない量を毎回なのか。それとも一番量の多い3000gなのか。

 

このあたりでも、損得が出てしまうので詳しく記載していただきたいです。

交換用ビーズはリサイクルビーズなのか。

リペアサービスでのビーズの交換では、リサイクルビーズとなっていました。

 

サブスクではどうなんでしょうか。

 

通常のビーズとリサイクルビーズでは、座り心地が少し異なると言われています。

 

「リサイクルビーズはイマイチだった」という声もありました。

おいも
リサイクルビーズはリペアサービスで使われています!

店舗受け取りは可能なのか。

店舗受け取りは、送料をかからなくする方法でもあります。

 

サブスクでは送料が自己負担のものが多いため、少しでも費用を抑えるために店舗受け取りはありなのか。

 

このあたりも記載はありませんでした。

なくしてしまったり、転売する人への対処。

これについては少ないかもしれませんが、記載はありませんでした。

 

仮にヨギボーを外で使って、そのまま現地で忘れてきてなくなってしまった場合もすくなからず考えられます。

 

また、転売する人もいるかもしません。

 

転売した後に、「ヨギボーをなくしてしまった」など言う人もいる気がしました。

 

この辺もどう対応されていくのかが気になります。

サブスクリプションのメリット・デメリット。

ヨギボーのサブスクについてのメリットではなく、サブスク全般に言えるメリット、デメリットです。

サブスクのメリット。

  • 初回は無料!
  • 維持費はかからない(送料は自己負担)
  • リーズナブルな価格設定。
  • いつでも解約できる!

利用者目線でのメリットを紹介しました。

 

もちろん、経営する側にも多くのメリットがあります。

 

ある程度のユーザーの確保が必要であり、ビジネスとしても安定した売り上げが見込めます。

サブスクのデメリット。

  • 使用しなくても月額は支払う。
  • 提供してくれる企業が倒産すると、サービスが終了となる。
  • 長期的使っていると、元値より高くつくことがある。

倒産や需要がなかったりすれば、いきなりサービスを終了することも考えられます。

 

このあたりはアプリゲームなどと同じですね。

 

また長期的に使っていると、ヨギボーの場合、買った方が安いことも考えられます。

 

サブスクは安さが売りですが、長期的に考えるとそうでもない人も出てくるかもしれません。

まとめ。

ヨギボーのサブスクはどうなるのか楽しみです!

 

個人的には利用したいサービスであり、半年後には契約したいと考えています。

 

送料自己負担がきついですが、それ以上のメリットが見込めると思いました。

 

まずはテストでどういう結果が出るのか楽しみです!

コメントを残す