話題のビーズクッションを見てみる➤

ヨギボーは背もたれが安定!猫背にもおすすめビーズクッション。

SHARE

この記事のまとめ
  • ヨギボーは背もたれがある
  • ビーズクッションは猫背の方も使える

どうも、ビズソファのおいもです。

 

「人をダメにするビーズソファ」は、今ではたくさんの種類が流通しています。

 

メーカーごとに、座り心地や生地の質感、使い方や大きさなど様々です。色々なビーズソファを見てきて感じたことがあります。

 

それは背もたれ肘掛けです。そしてヨギボーにはこの2つを可能としてくれる、唯一のビーズソファなのです、

 

今回、背もたれと肘掛け、また座り方について解説したいと思います。

ビーズクッションの「背もたれ」と「肘掛け」

ビーズクッションには「背もたれ」と「肘掛け」が見た目上ありません。

 

ビーズクッション及びビーズソファは、私たちがなじみのあるソファとは少し違っているところがいくつかあります。

背もたれについて

ヨギボー

ヨギボーミディ

数多くのビーズソファを調べてみてきましたが、背もたれのあるビーズソファはほとんどありません。

 

小さいサイズでも座り方を工夫すれば、背もたれを作ることができます。しかし背もたれが低い場合が多く物足りないことがありました。

 

小さいサイズで背もたれがあるビーズソファは限りなく少なく、座り心地もあまりよくありません。

 

ビーズクッション及びビーズソファを購入する際は、なるべく大きいサイズの長いものがお勧めです。

肘掛けについて

ソファ

肘掛けがあるビーズソファはほとんど見たことがありません。ソファといえば、背もたれ・肘掛け・数人で使えるのが特徴です。

 

ビーズソファはソファと名乗ってはいますが、実際はソファのように背もたれがないもの、肘掛けがないものがたくさんあります。

 

これらをソファと名乗るのはいかがなものかと思いますが、好きな形に変えられるビーズソファの常識は、ソファとは違うのかもしれません。

猫背の方にもヨギボーがお勧めなわけ紹介

背もたれがあるサイズ感

背もたれが確保できるビーズソファでお勧めしたいのがヨギボーです。

 

ヨギボーのお勧めサイズランキング】でも紹介しましたが、ヨギボーには10種類のサイズがあります。それぞれ特徴があり、使い方も少々異なります。

 

その中でも、背もたれをしっかりと確保できるものは以下の通りです。

他のサイズは「背もたれ」はできますが、高さがないので調整ができず快適ではありません。

 

ヨギボーはサイズが大きくなればなるほど、背もたれの高さ調節の自由度が増し、自分に合った高さにすることができます。

 

ヨギボーに限らず、ビーズソファの背もたれを重視するなら、大きいサイズを購入するのがいいでしょう。

肘掛けや背もたれを付与することが可能

ビーズソファで肘掛けを見たことがないと言いましたが、今回紹介しているヨギボーのビーズソファにも肘掛けはありません。

しかしヨギボーのビーズソファは、オプションアイテムで肘掛け・背もたれを作ることができます。

ヨギボーのオプションアイテム
  1. ヨギボーロールシリーズ
  2. ヨギボーサポート
  3. ヨギボーキャタピラーロール

以上、3つが背もたれと肘置きを作ることができます。別途商品なので別料金がかかりますが、非常に快適だと評判が高いです。

ヨギボーロール

ヨギボーロールには3つのサイズがあり、ビーズソファのサイズに合った大きさを選ぶと一緒に使うことができます。

 

ヨギボーロールの比較」記事で解説したので参考に読んでみてください。

ヨギボーサポート

ヨギボーサポートは1人用ですが、非常に優れたアイテムです。背もたれ・肘掛けはもちろん、浮き輪のように体にフィットするのが凄く快適です。

 

どのビーズソファのサイズとも合うので、サイズ選びにも困りません!

関連記事:ヨギボーサポートの口コミについて

キャタピラーロール

ヨギボーキャタピラーロールは、ヨギボーロールとは違い色がカラフルで、サイズがショートとロングの2種類です。

 

キャタピラーロールのロングサイズは、ヨギボーロールマックスよりも長く、S字に曲げることができ自由度が増しています。

ヨギボーキャタピラーロール

キャタピラーロールには2種類ある。

このキャタピラーロールは、普通の背もたれ・肘掛けだけでなく2人以上で背中合わせで座ることができる、面白いオプションアイテムです!

 

あの【宮迫さんもキャタピラーロール】を使っていました!

ヨギボーは国内販売数No.1
Yogibo(ヨギボー)
  • セールで10%以上オフ
  • 5万円以上の購入で送料無料
  • 多用途で持ち運びやすい
  • 選べるカラーは17色以上

 

ヨギボーの使い方を解説

ヨギボー本体の大きさにもよりますが、座り方は大きく分けて3つになります。

  • リクライナー
  • 一人用チェア
  • ソファ

猫背の方も安心して使える座り方について解説します。

リクライナー

ヨギボーマックス

寄りかかることができます。

ヨギボーのリクライナーは非常に座り心地が良く快適です。またヨギボーでは、ほとんどのサイズがリクライナーをすることができます。

 

大きなサイズになれば、ベッド代わりにもなるのでヨギボーマックスなどがお勧めです!

 

詳しくは【ヨギボーをベッド代わりにしてみた!】で解説しています。

\6/19までリペアサービス30%オフ!/

一人用チェア

ヨギボー

背もたれを調整できます。

ヨギボーの一人用チェアは長さのあるヨギボーでないと座ることができません。ヨギボーショートやヨギボーミディ以上のサイズであることが条件です。

 

背もたれをしっかり確保することができ、調節も可能なのでとても使いやすいです。

 

一人暮らしの方や読書をする方にお勧めです!

関連記事:ヨギボーの一人暮らしについて

ソファ

ヨギボー

複数人で座ることができます。

長さのあるヨギボーなら複数人でソファのように座ることができます。ただし、体格や身長によっては狭くなるので使いづらさもあると思います。

 

複数人で使用するとヨギボーはへたりやすくなるので、ビーズの交換頻度が増える傾向があります。

 

ソファとして使うなら、ヨギボーダブルやヨギボーマックスなどがお勧めです!

関連記事:ヨギボーをソファ代わりに使った感想

まとめ

ビーズソファを快適に使っていくうえで、背もたれの調節・肘掛けがあるとないとでは快適度に差が出ます。

 

様々なビーズソファを調べてきましたが、背もたれの調節・肘掛けのあるビーズソファはありませんでしたが、ヨギボーは違いました。

 

ヨギボーのビーズソファには背もたれ・肘掛けをプラスすることができる非常にいいビーズソファだとわかりました。

\6/19までリペアサービス30%オフ!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。