ヨギボーの最新セール情報はこちら☞

ヨギボーは腰痛持ち・お年寄りに使いづらい【4つの理由】と改善方法

どうも、おいもです。

 

ヨギボーを使っていて、腰に負担がかかるなと感じたことはありませんか?

 

ましてや、ぎっくり腰が癖になっている方だと少し抵抗があるかもしれません。

 

今回はヨギボーやビーズクッションが腰に負担がかからないようにする対策等について解説したいと思います。

⇒デメリットも多いヨギボーが人気なわけ

\国内販売数3年連続No.1!/

なぜヨギボー(ビーズクッション)は腰が痛くなるの?

ヨギボーの補充ビーズ

ではなぜヨギボーで腰を痛くするかというと、理由はビーズに関係があります。

ヨギボーのビーズの材質

EPS(発泡スチロール)ビーズ

このビーズは発泡スチロールでできており、水に浮くことができます。そしてとても柔らかく、座り心地が抜群です!

 

しかし、ヨギボーのビーズは体が沈みやすくできています。座ったり寝転がったりすると全身がヨギボーに深く沈んでいきます。

 

その反動で立ち上がる時、腰や体に負担がかかります。この動作により、腰を痛めたりすることがあります。

 

では実際にヨギボーを使用した時に、一番腰に負担がかかった事例を紹介します。

腰痛予防対策について

厚生労働省によると、

  • 1時間に1回程度の休息を取り、屈伸マッサージ等を行う
  • 不自然な姿勢を取らないようにする
  • クッション性のあるもので負担を減らす等

で腰痛の予防対策を推奨しております。

引用:腰痛予防対策リーフレット

座ってから立ち上がるとき

ヨギボーはビーズクッションということで、主に座ることをメインに使用する場合が多いです。

 

腰への負担は座り方にも左右されますが、特に深く座ると体にビーズがフィットし沈みやすく立ち上がりずらいと感じました。

 

ヨギボーのビーズクッションはほかのビーズクッションとは異なり、体に纏わりつくような性質を持っています。

 

普通に座る分にはそこまで気になりませんが、ぎっくり腰のお持ちの方やヘルニアの方には不便です。

リクライニングから立ち上がるとき

ヨギボーのリクライニング

リクライニングは快適ですが立ち上がりにくい。

ヨギボーの上で寝転んだり、リクライニングなどは非常に心地よく、快適に寝転ぶことができます。私が一番多く使う使い方がリクライニングです。

 

しかしこのリクライニングは全身を預けるため、ビーズが体にフィットしかなり起き上がりづらいです。

 

勢いよく体を起き上がらせますがかなり腰に負担がかかりますので、起き上がる際には工夫が必要です。

 

腰に負担をかけない方法として、体をころがしヨギボーから降りる(落ちる)方法もあります。

血行が悪くなる

ヨギボーに限ったことではございませんが、同じ姿勢で長時間使うと体が収縮し血行が悪くなります。

 

体が動かしづらくなったり、肩を凝ったりと起き上がるのに負担がかかることがあります。

 

ヨギボーを使う前と使った後には、軽くストレッチなどをやると効果的です。

寝ているとき

大きなビーズクッションだと、寝転がることができそのまま寝てしまうこともあります。しかし、眠りから覚めた時腰が急に痛くなることも多々ありました。

 

寝返りが打てず、体勢が変わらないため結構も悪くなり腰が痛くなるのかもしれません。

 

また十分な睡眠がとれない場合がございます。長時間の使用は避けたほうがいいです。

 

ヨギボーで寝転んだり、ベッドとして使うのはあまり心地よくありませんでした。

関連記事:ヨギボーをベッドとして使うことをお勧めしない理由

腰に負担をかけずにヨギボーを使う方法

腰痛持ちの方がヨギボーを使いやすくする方法は以下の通りです。

  • 自分に合った際サイズ選び
  • ヨギボーサポートで軽減する
  • 使い方を工夫する

上記の対策を行ったからといって、全く腰に負担がかからない訳ではありません。

 

立ち上がる動作がどうしても加わるため、多少なりとも腰に負担はかかります。

サイズ選びは慎重に

ヨギボーのサイズ

ヨギボーのサイズの種類は豊富です!

ヨギボーを使う際、一番腰に負担がかかるのは立ち上がる時です。

 

ヨギボーは座ったり、寝転んだりと様々な使い方が可能です。多用途性を求めるなら、大きめのサイズを購入すると幅広く使うことが可能です。

ヨギボーをリクライニングやソファとして使えるサイズ

大きめのヨギボーのサイズなら、背もたれや座る高さ調節などが可能なので、腰痛の方は大きめのヨギボーが非常におすすめです!

 

また小さなヨギボーミニヨギボーピラミッドになると、立ち上がる際に腰に負担がかかるためお勧めしません。

ヨギボーサポートで腰への負担を軽減させる

ヨギボーサポート

ヨギボーサポートで背もたれ、肘置きが作れる。

ヨギボーサポートとは、ヨギボーと併せて使うことにより、肘掛けや背もたれを作ることができます。

 

これにより、手が付きやすくなるので起き上がりやすくなります。

 

また肘掛けがあることにより、普通に座るよりも快適になり、ソファらしくなるのが特徴です。

 

背もたれも安定して確保することができるので、毎回背もたれを作り調整しなくてもいいので、非常に楽です。

ヨギボー(ビーズクッション)から転がり落ちる

ヨギボーで寝転んだりリクライニングをしている時に、起き上がりづらいと感じる方も多いはずです。

 

そんな時は、ヨギボーから転がり落ちることをお勧めします!この方法なら腰に負担がかかりません。

 

転がり落ちる際には、周りの物に注意してください。

ヨギボーは腰痛が改善されるといわれている?

ここまで、「腰痛の方にヨギボーはお勧めできない!」と言いましたが、実はそんなことない方もいるそうです。

 

腰痛持ちの方がヨギボーを使い、使いやすさや腰に負担がかからない等の声もあります。

 

必ずしも、腰痛持ちの方が使いにくいことではないそうです。また、ヨギボーのビーズソファは腰痛持ちの方は使いやすいのかもしれません。

また私も猫背気味ですが、ヨギボーに座る子ことにより深く寄りかかれるため、猫背にはなりません。

 

また通常の椅子よりも柔らかいため、長時間座るのも適しています!

 

個人的にはヨギボーは座りやすく、猫背の方も安心して使えるので非常におすすめです。

またヨギボー社長こと、木村誠司代表からは腰痛持ちの方にも好評だと言われています。

 

【腰が痛くなる姿勢で固定している】から腰が痛くなるどうです。工夫した座り方さえすれば、ヨギボーは腰痛持ちの方も座りやすいビーズクッションです!

まとめ

ヨギボーは腰痛持ちにはお勧めしない理由

  • ビーズが沈み、体が起き上がりにくい。
  • 長時間の使用は体・腰に負担がかかる。
  • お年寄りには扱いづらい。

ヨギボーはとてもいい商品ではございますが、欠点も多く使いにくい点も多くあります。

 

腰痛持ちの方・お年寄りはヨギボーを使わないほうがいいです。また、長時間の使用は避けるようにしてください。

 

ヨギボーは魅力的な商品ですが、よく考えて購入したほうがいい商品であることは間違いありません。

\国内販売数3年連続No.1!/

コメントを残す