ヨギボーの最新セール情報はこちら☞

ヨギボーは暑い!人をダメにするソファの蒸れ対策を行い夏場を凌ごう!

どうも、おいもです。

 

ヨギボーって、冬の寒い時期は気になりませんが、夏場は暑くて使わなくなる人が多いと思います。

 

寝苦しく、座るにも蒸し暑くて使えません。

 

一年中ヨギボーを使うために、いくつかの暑さ対策についてまとめて見舞いした。今回はヨギボーの暑さ対策について解説していきます。

ヨギボーは何故暑くなるのか。

口コミでも「暑い」と多く言われている。

ヨギボーの口コミでよく拝見するのは、「臭い」「デカい」などですが「暑い」も結構あります。

 

ベッドとして使うなら、なおさら暑さを実感するでしょう。

(省略)ビーズクッションとしては値段どおりのクオリティです。が,そのまま寝るとなると埋もれすぎて寝返りができず体が痛いです。特に夏は暑くて何度も目が覚めます。ごろ寝やうたた寝程度なら快適ですが,ベッド代わりにはならないと思います。

引用:ヤフーショッピング

自由自在に体にフィットした形になり使いやすく、とても気に入りましたが、ビーズのせいか、ずっと横になってると、背中が暑くなってきます。冬は、いいけど、夏は、どうなんだろうっと思います。(省略)

引用:楽天市場

このように、「暑い」という口コミをいくつかございました。ただし、ヨギボーに限ったことではありません。

 

他社のビーズソファ・ビーズクッションでも、暑さを感じるものは結構あります。

 

使いやすさ、コスト、品質を考慮してこの材質になった可能性もあるので、仕方がないのかもしれません。

暑い原因は「綿」及び「ポリエステル」素材だから?

ヨギボーのカバーは主に綿を使用していました。

 

ですが、カバー素材の配合が変わってきており、綿から主にポリエステルを多く使用するカバーになってきています。(綿も含んでいる)

綿
綿素材は肌触りと吸水性、保湿性に長けていますが、汗をかくほどの暑さだと暑く感じてしまいます。速乾性もないので、熱を逃がしにくいともいえます。
ポリエステル
ポリエステルは機能にもよりますが、吸水性のないものもあるため熱を持ちやすいです。近年では技術が進み、吸水性のあるものに加工されているものもあります。

ヨギボーは綿も使用してるため、配合は異なっても対して差がないとも言えます。結果的に、ユーザー側で暑さ対策する必要がございます。

ヨギボーの暑さ対策。

  • ヨギボーのカバーを変える
  • 冷感シートで暑さ対策をする
  • 保冷剤で暑さ対策
  • クーラーで冷やす
  • プレミアムビーズに変える

以上が、私の考えた暑さ対策です。細かく解説していきます。

ヨギボーのカバーを変える。

ヨギボーズーラ

ヨギボーズーラカバーはアウトドア用ですが、室内でも使えます。

ヨギボーでは通常のカバーのほかに、「ヨギボーズーラ」というアウトドア専用のカバーがございます。

 

ヨギボーズーラとは、アウトドア用に作られており、UVカットや耐水性に優れています。

 

素材は「PUコーティングポリエステル」を使用しており、肌触りはサラサラで涼しいです。

 

アウトドア専用と言いましたが、もちろん室内でも安心して使うことができます。

 

ですが、逆に寒い冬などでは冷たくなるのでお勧めしません。通常のカバーと、ズーラカバーの2種類あると非常に便利だと思います。

ヨギボーチリーシート(冷感シート)で暑さ対策をする。

ヨギボーでは、「ヨギボーチリーシート」という冷感シートがございます。

 

こちらの冷感シートですが、ヨギボーマックス専用となっており、ほかのサイズでは使うことができません。

 

ヨギボーチリーシート以外にも、敷布団カバーなどで代用もできます。ヨギボーにあったサイズを探し、工夫して使うことが必要です。

 

しかし冷感シートを色々調べてみたが、なかなかヨギボーに合う冷感シートカバーは見つかりませんでした。

 

ヨギボーの形も独特なため、ヨギボーチリーシートが安定かもしれません。

ヨギボーチリーパッドで暑さ対策。

  • ヨギボーチリーパッドスモール・・・2,750円
  • ヨギボーチリーパッドラージ・・・4,180円

ヨギボーチリーシートはヨギボーマックス専用でしたが、ヨギボーチリーパッドはどのサイズにも使うことができます。

 

サイズもショート・ラージの2種類あります。お値段もチリーシートとほとんど変わりません。

使い方
  • ヨギボーチリーパッドを冷凍庫で冷やす
  • ヨギボーのカバーの中に、チリーパッドを入れる

今現在ですが、このチリーパッドは通販で購入することができません(2019年5月)店舗で直接購入する必要があります。

 

通販で購入できるようになると思いますので、わかり次第追記します。

保冷剤などをタオルで巻く。

ヨギボーで寝る際、保冷剤をタオルで巻いて上半身部分に敷いて冷やす方法です。

 

ヨギボーは吸水性があるため、直に保冷剤を置いてしまうと濡れてしまいます。

 

また、保冷剤ではなくヒヤロンでも十分に効果を発揮してくれます。こちらも、直ではなくタオル等で巻いて使用しましょう。

どのお家でもすぐに暑さ対策のでき、電気代もかかりません。少しレトロな感じもしますが、すぐ対処できます!

注意
カバーに直接保冷剤などを当ててしまうと劣化の原因になります。自己責任でお願い致します。

ヨギボーヘッドクールで頭、目元を冷やす。

価格:1,800円(税抜)

ヨギボーヘッドクールとは、中にある保冷剤を冷やし、頭や目元を冷やすアイテムです。

 

マジックテープもついており、けがなどをしたとき応急処置にも使えます。暑い夏にピッタリなアイテムになっています。

使い方と注意点
  • ビニール袋に包み、冷凍庫で最低2時間ほど冷やしてください。
  • 注意:温めて使用することはできません。

クーラーで部屋全体を涼しくする。

クーラーでお部屋全体を冷やすのが一番手っ取り早いです。

 

ですが、仮に長時間外出してから、お家に帰ってすぐにクーラーをつけヨギボーに座っても、ヨギボーは暑くて使えません。

 

また、一度温まってしまうと綿及びポリエステル素材は、熱の逃がしにくい材質なので冷めるまで時間がかかります。

 

クーラーで冷やす方法は手っ取り早いですが、時間がかかるという欠点が潜んでいます。

 

クーラーと扇風機を使うなり工夫が必要ですが、電気代がかかってしまうので費用がかさみます。

プレミアムビーズに変更する

ヨギボープレミアム

ヨギボーにはプレミアムシリーズと呼ばれる、通常のビーズよりも高性能なビーズがあります。

 

このプレミアムビーズでは以下の特徴があります。

  • 耐久性が向上する
  • 熱がこもりにくい
  • 安定感がある

特徴の中には【熱伝導率が高く、熱がこもりにくい】といったプレミアムビーズの特性があります。

 

通常のビーズよりも値段が高く、店舗販売が限られますが耐久性も兼ねているので、長い目で見るとコスパです。

関連記事:ヨギボープレミアムと通常のヨギボーを比較

\国内販売数3年連続No.1!/

まとめ。

個人的におすすめな暑さ対策は以下の通りです。

ヨギボーの暑さ対策

  1. ヨギボーマックスならヨギボーチリーシートで暑さ対策
  2. 他社製品の冷感シートを使う
  3. ヨギボーズーラカバーに変える
  4. プレミアムビーズに変更する

ズーラカバーにするには、別途でカバーを購入しなければなりません。高くつきますが一番効率がいいですし、アウトドアとしても使えます。

 

逆に他社製の冷感シートを購入するのもアリですが、サイズ等何かと問題が起きるためお勧めしません。

 

欠点の多いヨギボーですが、対策方法はいくつもあります。購入する際は、十分に気を付けて欲しいと思います。

コメントを残す