ヨギボーの最新セール情報はこちら☞

ヨギボーはゲームをやるのに最適で快適なビーズクッションです!

どうも、おいもです。

 

ヨギボーは映画鑑賞や読書、ゲームとの相性がいいことを知っていますか?

 

どこがどのように良いのか、これについて解説したいと思います。

 

また、おすすめサイズについても私個人的に選び、解説したいと思います。

なぜ「ゲーミングソファ」の中でヨギボーがお勧めなのか。

理由は以下の3点です。

  • 柔らかくて長時間できる
  • ベッドやソファなど多用途である
  • 移動しやすいのでお部屋のどこでも使える

以上3点は、他の「人をダメにするソファ」ではあまりありません。

 

いまやゲーム大会などでも登場するヨギボーです。

 

ゲーマーの方からも非常に支持されている「人をダメにするソファ」です!

ヨギボーでゲームをするならこの3サイズがおすすめ!

ヨギボーでゲーム

ヨギボーとゲームの相性はとても良い!

読書やゲームをする際、お勧めできるサイズは3種類です!

読書、ゲームにおすすめサイズ!

その他のサイズもおすすめできますが、いかに快適にゲームができるかに拘って選び抜きました。

ヨギボーマックスは「ながらゲーム」に最適です。

ヨギボーマックス

一番人気のあるサイズ

価格長さ厚み重さ
29,800円約170cm約70cm約48cm約8kg

※価格は税抜表記です。

スペックについては、以前書いた記事「ヨギボーマックスの評判はいいけど値段が高い。」を読んでいただければと思います。

 

ヨギボーマックスは長さが約170cmと一番長く、大体の大人でも寝ころぶことが出来ます。

 

リクライニングしながらゲームするのも良し、1人用のチェアとして読書するのも良し。

 

ヨギボーの上で寝っころびながら映画を見ることだってできちゃいます。

おいも
迷ったら「ヨギボーマックス」が安定です!

「かなり万能です。」と言うより、これより万能なヨギボーありません

 

お値段は税込32,184円と安くはありませんが、お値段以上の価値があると断言できます。

\国内販売数3年連続No.1!/

ヨギボーミディのリクライナーでゲームが捗る。

ヨギボーミディ

価格長さ厚み重さ
25,800円約125cm約70cm約45cm約5.9kg

ヨギボーミディについて以前「ヨギボーミディは十分デカかった。」で紹介させていただきました。

 

タイトル通りですが、意外とサイズが大きかったのに驚きました。

 

ですが、ヨギボーマックスと比べ長さが約125cmとやや短いため、足がはみ出てしまいました。

おいも
身長や体系に左右されます。

全身を預けることは難しいですが、リクライニングや1人用チェアは可能なので快適です。

 

お値段も税込27,864円とヨギボーマックスよりも安く購入できるので、こちらでも十分だとは個人的には思います。

 

足がはみ出るのが嫌な方や、ベッドとしてヨギボーを使いたいとお考えの方は、ヨギボーマックスの方が良いかもしれません。

ヨギボーポッドはどこから座っても体にフィットし安定する。

ヨギボーポッド

価格長さ厚み重さ
25,800円約122cm約91cm約91cm約7.6kg

ヨギボーポッドの詳細については「ヨギボーポッドの座り心地が段違い!?」をお読みになっていただけると幸いです。

 

ヨギボーポッドは円柱型の形で、どの角度から座っても形が丸いため体にフィットします。

 

通常のヨギボーは、大体が四角形をしており座れる角度が決まっています(正確的には快適に座るには角度が決まっている。)

ヨギボーポッド

持ち手がついている

更にヨギボーポッドの先端には「持ち手」が付いており、移動もしやすく非常に便利です。

 

ヨギボーポッドとヨギボードロップにしかついていません。

おいも
丸い形は持ちづらいため、持ち手が付いてます!

お値段も27,864円とヨギボーミディと変わりませんので、どちらにするか迷います。

 

しかし、ビーズ量がヨギボーポッドの方が多く、ヨギボーミディよりも座り心地がいいです。

 

普通に座ることも可能なので、長時間座ることが多い方はビーズ量の多いヨギボーポッドがお勧めです。

\国内販売数3年連続No.1!/

オプションアイテムで更に快適にする!

ヨギボーサポートで肘置きと背もたれで快適に!

ヨギボーサポート

ヨギボーサポートは肘置きがあり、腕が疲れません。

価格
ヨギボーサポート13,900円
ヨギボーズーラサポート15,800円

ヨギボーサポートには2種類ありますが、室内で使うならヨギボーサポートがお勧めです。

 

ヨギボーサポートは、どのヨギボーにも組み合わせて使うことができ、ヨギボーにはない肘置きを作ることができます。

 

肘置きがあるのとないのでは大違いで、長時間動画や映画鑑賞をしても腕が疲れにくくなります!

 

また、体に良くフィットするので安定感があり、リラックス効果もあります。

トレイボー2.0でスマホやダブレットを見やすくする。

トレイボー2.0

タブレットやスマホを立てかける。

価格厚み重さ
5,980円34cm47.5cm9.5cm1610g

トレイボーとは、竹でできたテーブルにスマホやタブレットを立てかける穴があります。

 

テーブルの下にはヨギボーと同じ素材のクッションになっており、膝の上に置いても痛くなく長時間使えます。

おいも
お菓子や飲み物も置けちゃいます!

ちょうどいい角度にタブレットが傾くので、とても見やすくタッチもしやすいのが特徴です。

 

また、勉強や読書をするのにも使いやすいです。

 

ニンテンドースイッチなども立てかけることができるので、幅広く使えるのがとても良いです

グリッピボーは手ぶらで動画や映画鑑賞が可能。

価格アームの長さ重さ
2,800円(税込3,024円)約154cm約380g

グリッピボーは、スマホをハンズフリーで読書や映画鑑賞ができる便利なアイテムです。

 

見た目はちょっとダサいかもしれませんが、重さも軽く首も疲れませんでした。

 

角度の調節もしやすく、小さなお子さんにも簡単に使うことができます。

 

スマホをハンズフリーで動画の視聴ができるのはとてもよかったです。

 

両手が空くので、動画を見ながら別のことができるので作業効率も上がります。

おいも
グリッピボーはとても便利ですが、歩きスマホと変わらないので使い方には気を付けましょう。

ヨギボーロールミニで更なる心地よさをプラスする。

ヨギボーロールミニ

ヨギボーロールには3サイズあります。

価格長さ厚み重さ
6,800円81cm20cm20cm0.9kg3色

ヨギボーの上でゲームや読書をするときの、枕代わりや肘掛けなどに便利です。

 

同じ体勢でいるのは居心地が悪くなってしまいます。

 

ヨギボーロールを使うことにより、体勢を変えたり腰に当てて少しでも快適になればと思います。

 

お値段は税込7344円とヨギボー本体と比較したら非常にお手頃なので、更なる快適を求める方には非常にお勧めです。

 

詳しくは「ヨギボー ロールの全サイズの比較と口コミまとめ。」で紹介しています。

これから注目!ヨギボーとeスポーツ。

eスポーツは近年話題になっています。

 

その大会のフリースペースにヨギボーがありました。優勝賞品として、ヨギボーを贈呈されました

 

画像でもわかる通り、ヨギボーとゲームの相性は良さそうです。更にヨギボーポッドが多く見られました。

背もたれもいい感じに預けられるので、これからのヨギボーとeスポーツには注目です。

ヨギボーとゲームに関する口コミまとめ。

ヨギボーでゲームをやるのは快適!

寝心地の良いヨギボーなので、ゲームとの相性がばっちりです!

 

大きなヨギボーなら、寝転びながら快適にゲームを楽しめます!

 

寝落ちには注意してください!

てんちむもヨギボーでゲームをしている!

あの人気ユーチューバーのてんちむさんもヨギボーを使用しています。

おいも
てんちむが使っているヨギボー】を紹介しました!

ヨギボーに寝転びながら、どうぶつの森等のゲームを楽しんでいるそうです!

 

ヨギボーとゲームは、とても人気があります!

\国内販売数3年連続No.1!/

まとめ。

ヨギボーはいろんなところで活躍しています。これからの進展には凄く注目していきたいと思います。

 

私個人的に一番ゲームや読書の相性がいいサイズはヨギボーポッドではないでしょうか。

おいも
ヨギボーのオプションアイテムは優れものばかりです!

しかしながらヨギボーは少し高い商品だと思います。少しでも安く買いたい方はセールを待った方が良いかもしれません。

 

または公式サイトで新着情報を入手しましょう。色々な商品があり悩んでしまう恐れあり。

 

ゲーム・読書などと非常に相性のいいヨギボーでした。

\国内販売数3年連続No.1!/

コメントを残す