ヨギボーアウトレットセールはこちら☞

ヨギボーダブルとマックスを比較。使い方や口コミについて。

どうも、おいもです。

 

ヨギボーで一番大きなサイズである、「Yogibo Double(ヨギボー ダブル)」について、解説していきたいと思います!

 

このヨギボーダブルですが、一言で表すなら「ヨギボーの完成型」です。全てを兼ね備えており、大きさもかなり大きいです。

ヨギボーダブルのスペック。

ヨギボーダブルの大きさは、ヨギボーマックス2個分だった。

ヨギボーダブル

値段 長さ 厚み 重さ
ダブル 59,800円 170cm 140cm 45cm 17kg
マックス 29,800円 170cm 65cm 48cm 8.5kg

※値段は税抜表記です。

今回はヨギボーダブルとヨギボーマックスを比較してみました。

ヨギボーダブルは重さが約17kgヨギボーマックスの二倍になります。長さ、厚みは大して変わりませんが、幅は約2倍大きくなります。

 

価格も59,800円(税抜)とこちらも、ヨギボーマックスの倍のお値段となっております。

 

全てにおいて(長さ、厚みを除く)ヨギボーマックスの約2倍となっているのが、このヨギボーマックスということです。

 

また使用人数も2人以上で使うことができるのが、最大の魅力とも言えます。

TRY NOW

ヨギボーダブルのできることは沢山ある。

ヨギボーダブルができること

・ソファ

・リクライニング

・ベッド

ヨギボーダブルでできないことはほとんどありません。ヨギボーマックスと同様、ほとんどのことができてしまいます。

 

ベッド機能はもちろん、ソファも背もたれが自然とできるので、ヨギボーロールなどで背もたれを確保する必要がありません。

 

1人で使うにはもったいないサイズを誇っているので、家族や恋人など複数人での使用がメインな方にお勧めです。

国内のビーズソファ界では一番大きいサイズ。

ビーズソファ20選で他社のビーズソファを比較してみましたが、ヨギボーダブルのような大きなビーズソファは見当りませんでした。

 

恐らくですが、ビーズソファ界で一番大きなサイズとも言えます。

 

ヨギボーダブルにできないことは、他のビーズソファでもできないと言っても過言ではありません。

余談

世界一大きな人をダメにするソファは、はじめしゃちょーが紹介していた【チルサック】です!

ヨギボーダブルの使い方。

2人以上で寝ることも可能。

ヨギボーダブル

ヨギボーマックスやヨギボーミディでもリクライニングは出来ましたが1人用でした。

しかしヨギボーダブルは、大人2人乗ってリクライニングが出来ます。小さなお子さんであれば3人(2人以上と謳っている)でも可能かもしれません。

ヨギボーダブル

リクライニングのほかにも、ベッドとしても使うことができ大人2人でも横になれるサイズです。

 

通常のベッドを買うか、ヨギボーダブルを買うかどちらか一方の方が良さそうです。

 

サイズも大きく、家にベッドとヨギボーダブルの両方はいらなくなります!

TRY NOW

複数人でソファとして使う。

ヨギボーダブル

3~4人くらい座れます。

背もたれもでき、スペースも広いのでとても使いやすいです。

ポイント
ヨギボーマックス2個分なので、良い感じに座る場所と背もたれが分かれるのがポイントです。

こちらもベッド同様、ソファとヨギボーダブルと両方はいりません。買うならどちらかひとつでしょう。

 

1人で座るのがもったいないサイズ感だと思います。

ヨギボーダブルの欠点。

値段が高すぎる。

ヨギボーダブルの値段は59,800円(税込64,584円)と非常に高いです。ましてやビーズソファです。

 

ここまでするのなら、通常のベッドやソファの資金に充てたいです。ビーズもいずれは劣化しへたります。

 

小まめなメンテナンスに手間がかかり、費用もビーズ等でかかります。

 

決してコスパではないので、購入する際はよく考えて購入することを強く勧めたいと思います。

大きすぎる。

ヨギボーは手軽に持て、移動がしやすいところが利点でもあります。ですが、ヨギボーダブルは手軽には持てません。

サイズから見て取れる欠点。

・移動がしづらいため、掃除がやりにくい。

・使用しないときはとにかく邪魔になる。

・初期に生じる、独特の臭いがとれにくい。

移動させずらくなってしまうのは、本末転倒な気がします。また、使用しないときは非常に邪魔です。

 

ヨギボーダブルの圧迫感により、部屋が狭く感じるなど大きいがゆえに、欠点も多く存在します。

組立に手間がかかる。

ヨギボーダブル

大きいため1人で組み立てるのが困難。

通常のヨギボーを注文した場合、注文者側は何もしなくてもヨギボーをそのまま使うことが出来ます。

 

ですが、ヨギボーダブルの場合はこちらで組み立てる必要がございます。

1.「Yogibo Double」のカバーを付けた「Yogibo Max」・・・1個

2. カバーの付いていない「Yogibo Max」・・・1個

引用:「Yogibo」公式サイト

なぜ、二つに分けて郵送されてくるのかというと、ヨギボーダブルが大きすぎて送ることが出来ないからです。

 

ですが、組み立て方は非常に簡単です。

ヨギボーダブルの組み立て方

ヨギボーダブルのカバーを付けたヨギボーマックスに、もう一つのヨギボーマックスを入れる。

ヨギボーダブルを組み立てるのは簡単ですが、1人で作業をするのは大変です。また手間がかかるのが欠点でもあります。

溝に落ちる。

ヨギボーダブル

ヨギボーダブルは、ヨギボーマックスを2つ合わせたサイズになります。

 

ヨギボーダブルの大きなカバーに、ヨギボーマックスを2つ入れるため、ヨギボーマックスの間に少しだけ溝ができてしまいます。

 

寝転んで使う際には、この溝が少し気になることがあります。

 

溝にはまってしまったり、沈んでしまったりすることが多々ありました。

口コミ:快適だけど、匂いがきつい。

とっても気持ちの良い座り心地はしっていたので、間違いないんですが、石油?シンナー?のような匂いがキツく喉がイガイガする程です。まだ臭いは取れてないので星4つ。

引用:ヤフーショッピング

サイズがかなり大きいため、ヨギボー独特の匂いも凄く香るかもしれません。また、その匂いが長続きする可能性がございます。

 

匂いについては、購入者様のほとんどが指摘していました。ヨギボーの欠点として覚えておきましょう。

テレビ番組の評判のみで購入致しましたが、想像以上に快適です。
ふわふわ、モチモチ系ではなく、人間工学的な商品でしょうか。自重によりビーズが窪み、体を無理なくホールドしてくれます!ソファーをあきらめ、ダブルを購入しました。よい買い物でした!!

引用:楽天市場

高評価されている方もいらっしゃいます。ヨギボー独自の感触、座り心地は評価高いですね!

 

逆に、「サイズが大きすぎ」や「溝におちる」など低評価も見られました。

 

購入する際は一度体験するなり、サイズの把握をした方が良いですね。通販で勢いで購入すると、あとで取り返しのつかないことになるので、良く考えて購入しましょう。

ヨギボーダブルを購入するなら絶対通販がいい。

送料はかかるが自分たちで持ち運ばなくて済む。

店舗購入にはメリットがあります。ですが、自分で持ち帰らないといけない場合もあります。

送料はかかりませんが、手間が非常にかかります。そして持ち運びには相当な大きな車でないと無理です。

 

電車で持ち帰るのはもってのほかです。ヨギボーダブルは絶対に、通販で購入することを勧めます。

ワンランク上の生活へ!
  • セールで10%以上オフ
  • 10万円以上の購入で送料無料
  • 多用途で持ち運びやすい
  • 選べるカラーは17色以上

まとめ。

ヨギボーダブルの特徴
  1. ベッドは複数人で使える(大人2人など)
  2. ソファは背もたれが確保でき、複数人でも使用可。
  3. 通常のベッド、ソファはいらなくなる。

持ち運ぶのは、正直重たいのでなかなかできないかと思います。なので、基本的には移動させず使うのがベターなところです。

 

お値段はかなりしますが、ベッド・ソファを二つ買わなくて済むことを考慮したら安いかもしれません。

 

ヨギボーダブルは、ビーズソファ界で一番大きく、一番機能が充実しているビーズソファです。

TRY NOW

コメントを残す