ヨギボーアウトレットセール☞

【人をダメにするソファおすすめ20選】人気のビーズソファを集めました!

どうも、おいもです。

 

「人をダメにするソファ」と言われるビーズソファが多くあり、使い心地や形、手触りが異なり機能が優れているものが沢山あります。

 

またインテリアとしても注目を浴び、カラフルなものからシックなものまで幅広い分野で取り入れられています。

 

そんな数多くあるビーズソファから、おすすめの人をダメにするソファをまとめてみました。参考になればと存じます。

おすすめの人をダメにするソファ20選。

Mogu

MOGUのビーズソファ

MOGUのダルマンソファ

参考価格:ダルマンソファ(カバー付)12,600円(税込)

Moguの人をダメにするソファは、形が豊富でこのダルマンソファは面白い形をしています。

 

ビーズソファで背もたれがついているのは珍しく、高さはないが安定し、疲れることなく座ることができます。

 

他にも、テトラポッドの形をしたビーズソファや、不思議な形をした抱き枕など種類が豊富で面白い商品が沢山あります。

 

Moguの商品には注目です。

おいも
ヨギボーとMOGUを比較してみました。
TRY NOW

ヨギボー

ヨギボー公式画像

ヨギボーはアメリカが発祥の地

参考価格:ヨギボーマックス 32,184円(税込)

人をダメにするソファ・ビーズソファを語るうえで外せないヨギボーです。

 

個人的には一番おすすめのビーズソファです。ヨギボーを詳しく知る。

 

ヨギボーのサイズ(全10種類)の豊富さ、色のバリエーション、機能性など全てを他のビーズクッションと比較しても群を抜いています。

 

また、アウターカバーの洗濯ができるのも魅力的です。

 

ただし、ほかのビーズクッションと比べ、値段と送料が高いのがネックです。また、受注生産ということもあり商品が届くのが遅いです。

 

ヨギボーの店舗でビーズソファを体験出来るので、一度ふわごろなヨギボーを体験してみてください!

ワンランク上の生活へ!
  • セールで10%以上オフ
  • 10万円以上の購入で送料無料
  • 多用途で持ち運びやすい
  • 選べるカラーは17色以上

ニトリ

Nストレッチ

ニトリのビーズソファであるNストレッチ

参考価格:Nストレッチ標準(本体) 4,500円(税込)

ニトリのNストレッチシリーズは、しなやかなビーズで座り心地がとてもいい人気商品です。

 

座り方も2通りあり、しっかりした座り方、ゆったりと背を付けた座り方ができます。全体的お値段もリーズナブルであり、コスパとしても評価が高いです。

 

またアウターカバーの洗濯ができるのもうれしいですね!本体とアウターカバのセット売りがないのが少しばかり手間がかかります。

 

クッション本体、アウターカバーと別売りなので購入する際は注意してください。

 

Nストレッチをまとめた記事を書きましたので、参考になればと思います。

無印

無印のビーズソファ

無印の体にフィットするソファ

参考価格:体にフィットするソファ本体 13,608円(税込)

無印のビーズソファは、ニトリと同じく本体とカバーが別売りになっています。

 

少しお値段が高いですが、しっかりと座れビーズが体を包んでくれます。独自のビーズにより、しっとりした座り心地が楽しめます。

 

全身をクッションに預けられるサイズ感も人気の人気の一つです。

 

また、カバーの色はシックなものが多く、大人の雰囲気を出しています。カバーの洗濯は可能です。

TRY NOW

山善

山善のビーズソファ

参考価格:ビーズソファ大 8,990円(税込)

山善のビーズソファ大は、アウターカバーと本体がセットで約9,000円と比較的安いお値段です。

 

アウターカバーの洗濯はもちろん、片手で持ち上げられるサイズなのも評価が高いです。

 

カバーのデザインは大体無印と似ていますが、スウェット似た素材のカバーがあるのも魅力の一つです。

 

座り心地もよく、ビーズソファ特有の臭いもなく長く使えるビーズソファです。

mofua

Mofua

参考価格:ビーズクッション 12,071円(税込)

mofua(モフア)のビーズクッションは手触りがなめらかであり、ふわふわ・もっちりとした感触です。

 

見た目は雪見大福のような柔らかいもちもちとした感じで、座るととても気持ちがいいです。

 

縫い目がほつれたりと何かと欠点は見られますが、他にはない触り心地を堪能することができます。

Mofua(モフア)うっとりなめらかパフ ビーズクッション 約65×65×43cm

タンスのゲン

タンスのゲンのビーズソファ

参考価格:3WAY ビーズクッション 11,800円(税込)

タンスのゲンのビーズクッションは、折り畳みのできるビーズクッションで背もたれも楽々確保出ます。

 

背もたれの調整はできませんが、リクライニングもできる優れものです。カバーの洗濯も可能です。

 

タンスのゲンでは通気性抜群のメッシュを使い、ムレにくさを再現しています。

 

非常に凝った性能のビーズクッションであること間違いなしです!

ポルちゃん

ポルちゃんのビーズソファ

参考価格:BodyFit beads cushion XL 6,790円(税込)

ポルちゃんの人をダメにするソファは価格も安く、カラーが9色と種類が多いです。

 

またクッション自体の厚みがあり、ずっしりと座ることができ、へたりもすぐ出てきません。カバーは洗濯ができます。

 

ビーズがたっぷり入っているので、座り心地がとてもよく、長く使えるビーズソファが特徴です。

 

そして何より評価が高かったのは、配送の早さです。

 

受注生産のものもあるビーズソファですが、ポルちゃんのビーズソファは注文してから1~3日程度でご自宅に届きます。

 

スピーディーで座り心地もよく、コスパなビーズソファでございます。

リコメン堂

リコメン堂のビーズソファ

参考価格:triangle beads cushion L 5,990円(税込)

リコメン堂の人をダメにするソファには、三角形の形をした座椅子ともいえるビーズソファがあります。

 

通常のビーズソファもございますが、この三角形のビーズソファは他ではあまり見たことのない形です。

 

スノービーズを使用しており、体にフィットしやすく流動性の高さが魅力です。また国産というところも人気の一つです。

 

しかしこの三角形のビーズソファは、形が一定の為同じ個所からしか座れないところが欠点です。

モリーナ

モリーナのビーズソファ

参考価格:体にフィットするビーズクッション 5,460円(税込)

モリーナのビーズクッションは柔らかすぎず、硬すぎないビーズクッションです。国内製なので安心して購入できます。

 

お値段も比較的安く、サイズも大きいのでコスパで使いやすいビーズクッションです。

 

ですが、モリーナのビーズクッションはカバーが洗えず、替えのビーズが販売されていません。

 

一度壊れたりへたると新たにビーズクッションを買う必要があります。

 

また、背もたれができにくいビーズクッションが多いため使いづらいです。

 

少し使い勝手の悪いビーズクッションですが、初めてビーズクッションを購入する方にはいいかもしれません!

TRY NOW

ハナロロ

ハナロロのビーズソファ

参考価格:ニットカバーセットカタチのないソファ150リットル 12,800円(税込)

どの通販サイトでビーズクッションと調べても、上位にランクインしているハナロロのビーズクッションです。

 

本体とカバーのセット売りはもちろん、カバーの洗濯もできます。

 

一番気になったのは、生地のサンプルを無料で貸出しているところです。これはハナロロさんだけでした。

 

見に行くのが面倒な方は、生地の質感や肌触りを自宅で体験できるのはいいですね。

 

またビーズの種類が2種類あり、1mmと2mmのビーズがあるので座り心地が変わるかもしれません。

 

ビーズの値段もそこまで高くないので、ビーズで楽しむのもアリです!

セルタン 雫

セルタンのビーズソファ

和楽の雫

参考価格:和楽の雫 Lサイズ 9,799円(税込)

セルタンの和楽の雫というビーズクッションは、その名の通り水の雫のような形をしています。

 

あまり見慣れない形ですが、デザインが可愛くインテリアとしてもいいですね。

 

色は4色と多くはありません。そしてあまり生地が伸びないので、座っていても下手に形が崩れることもありません。

 

ただし、白がベースカラーなので汚れが目立つ可能性があります。主に髪の毛が目立つので、掃除はこまめに行う必要があります。

 

生地が伸びにくいのはビーズクッションでは珍しいですが、より安定感が増ししっかりと座ることができるのが特徴です。

LOHATEX

LOHATEXのビーズソファ

参考価格:マイクロビーズクッション 7,990円(税込)

LOHATEXのビーズクッションは種類が少ないですが、値段の安さが売りです。しかもリピーターの方が結構いらっしゃいます。

 

色もホワイト、ネイビーと少ない色なのがもったいないかもしれませんが、無難な色ですし色にこだわりがない方はいいかもしれません。

 

また重さも2.8kgと軽く、ビーズクッションが不思議な形をしており逆三角形のような形をしています。

 

先端があるため、背もたれが確保しやすく、コンパクトながらも機能性が優れています。

 

ビーズも2種類あり、0.5mmと1.5mmと幅が広く座り心地がかなり変わってきます。

 

カバーも伸縮性があり、洗濯もできるので長く使っていけます!

URAKUTOYS

URAKUTOYSのビーズソファ

参考価格:ビーズクッション Lサイズ 6,900円(税込)

URAKUTOYSのビーズクッションは、サイズが大きくかなり安いお値段となっています。

 

2色しかなく、緑・黄色とかなり目立つ色なので好き嫌いがはっきりしてしまいます。

 

また、カバーの洗濯、ビーズの交換ができるのかはわかりません。

 

ビーズクッション以外にも、動物のぬいぐるみや抱き枕もあります。

 

口コミ数も少なく、かなり未知数ではございますが、安さが売りでとにかく安くて、サイズも大きめが欲しい方にはいいかもしれません。

フレックス販売

フレックス販売のビーズソファ

参考価格:アースカラーキューブチェア Lサイズ 8,226円(税込)

フレックス販売では、多くのビーズクッション・ビーズソファを取り扱っており、評判の高いインテリアが有名です。

 

ヨギボーと比較すると、ビーズに反発力があり体勢を変えても体が沈まないのが特徴です。

 

ヨギボーは体が沈み、身動きが取りづらいこともあります。また無印よりも柔らかいクッションです。

 

お値段も1万円以内の物が多く、安くてクオリティの高いビーズクッションとなっています。

 

コスパもよく、人をダメにするクッションとして、非常に人気があります。

フレックス販売 ビーズクッション アースカラーキューブチェア Lサイズ ベージュ PCM-6512T【smtb-s】

ファブリズム

ファブリズムのビーズソファ

参考価格:ビーズクッション 9,288円(税込)

fabrizm(ファブリズム)のビーズクッションは、日本製でビーズが3mmと大きめのビーズです。

 

安定感が増しクッション性もあるのでしっかりと座ることができます。カラーは10色と多めですが、全体的に暗い色が多いです。

 

形は丸く、カバーの洗濯も可能となっています。

 

そして驚くのが、使わないときやオフシーズンなどは中のビーズを抜き、収納ケースにもなります。

ファブリズムのビーズソファ

中のビーズを抜けば収納ケースになる。

丸い形だからこそ入れやすく、インテリアとしても悪くないので、邪魔にならずいつまでも使えるビーズクッションです。

王様の腰掛け

王様の腰掛け

参考価格:王様の腰掛け 15,984円(税込)

株式会社UNIWORX様の王様シリーズは、ビーズクッション・ビーズソファで非常に有名です。

 

そのほかにも、枕やアイピローなど沢山の商品がございます。

 

この王様シリーズの何がすごいかというと、クッション性及び触り心地がすごく気持ちがいいです。

 

固すぎず柔らかすぎない質感、そして極小ビーズとポリエステルの綿を使用しています。

 

他社にはない独自の弾力性を加え、新しいビーズクッションを体感できます。

 

そして、アウターカバーの洗濯はもちろんできます。洗濯周期は約2週間に1回程度です。

 

カバーも2種類あり、インテリアとしてもかわいいデザインなので非常にお勧めです。お値段も少々値が張りますが、顧客満足度の高い商品でした。

TRY NOW
王様の腰掛けと無印の体にフィットするソファを比較してみた。

エムール

エムールのビーズソファ

参考価格:マイクロビーズクッションLサイズ 9,990円(税込)

エムールのビーズクッションは楽天の「売れ筋ランキング1位.2位.3位」になった、大変人気なビーズクッションです。

 

日本製ということもあり、送料が一部地域を除き無料で商品が届くのがとても早いです。

 

そして、カラーバリエーションも豊富で計15色と大変多いです。

 

そしてカバータイプがサラサラと綿タイプがあり、アウターカバーの洗濯も可能です。

 

かなり評価の高い商品で、口コミも4.43と高評価がかなりありました。

 

お値段も1万円を切るものが多く、サイズのバリエーションも5種類と多いです。かなりおすすめなビーズクッションです。

ANARIA

ANARIAのビーズソファ

参考価格:粉雪ビーズクッション 2,230円(税込)

ANARIAの粉雪ビーズクッションは、非常にコンパクトで座布団のように使います。また枕にもなります。

 

少し寝ころんだ時にありがたい商品で、お昼寝のお供に最適です。色々な形にも変わるので、自分の好きな形にして使うことができます。

 

サイズは小さいが、お値段はリーズナブルで他のビーズクッションよりもかなり安いです。

 

ですが、お値段以上にビーズが入っておりサイズ感、ボリューム感は魅力的です。

 

カバーの洗濯は記載がなく、洗濯できるのかがわかりませんでした。

 

恐らくできるとは思いますが、洗濯機を使わない水洗いがいいかと思います。

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマのビーズソファ

参考価格:ビーズクッション 6,380円(税込)

あのアイリスオーヤマにビーズクッションがございます。

 

特徴はビーズが0.5mmとかなり小さく、体に合わせてビーズが動くためフィット感が増し座り心地がいいです。

 

また、表面と側面で肌触りが異なるものもあり、しっかりした面と、さらさらした面の二つを味わうことができます。

 

カバーの洗濯ももちろん可能で、臭いが気になる方は一度洗濯して臭いを取り除きましょう。

人をダメにするソファおすすめランキングTOP3。

第3位 無印

無印のビーズクッション

無印のビーズクッションは、デザインがシンプルで大人のイメージが強いビーズクッションです。

 

ビーズが固めに設定されており、座り心地に安定感があります。

おいも
固めのビーズソファなので腰が痛くなる方もいます。

長時間座っていると、痩せている方にとってはお尻が痛くなる可能性があります。また、クッション本体の洗濯はできません。

 

形はシンプルで四角形のものがメインになっており、座ったり寝そべったりすることができます。

 

カバー及びサイズの数は多くないが、安定感のあるビーズクッションです。

TRY NOW

第2位 ニトリ

ニトリのビーズクッション

ニトリのビーズクッション種類が豊富でお手頃価格なところが魅力です。

 

クッションの本体、カバーと別売りで売られているものもあれば、セット販売されているものがある。

おいも
カバーごとに価格が異なります。

また、形の種類も豊富で丸いものから四角いもの、三角形のものまで幅広く取り揃えています。

 

多機能ビーズクッションという製品は、サイズは小さいものの座ること以外にも、として使うこともできます。

 

ニトリのビーズクッション、ビーズソファはこれから注目していきたい商品の一つです。

ビーズソファ 小 本体(Nストレッチ) ニトリ 【玄関先迄納品】

第1位 ヨギボー

ヨギボーマックス

ビーズソファ、ビーズクッションと言えば間違いなくヨギボーです。

 

どこの通販サイトを見ても非常に高い評価を得ており、他にはないオプションアイテムが充実しています。

おいも
肘置きや背もたれを付与するオプションアイテムもあるよ!

お値段が高く設定されているのがネックではありますが、品質や座り心地は間違いありません。

 

ヨギボーはセールが多く開催されているので、少しでも安く購入したい方はセールを見逃さないようにしましょう。

ヨギボーの魅力

ヨギボーは座り心地、使い心地、アウターサービス、オプションアイテムなどが充実しており、今の生活をもっと快適にしてくれる商品です。

TRY NOW

✓ヨギボーの座り心地は段違いです。

ヨギボーは自立するビーズクッション!みんなの評判や口コミまとめ。

人をダメにするソファの選び方。

アウターカバーの洗濯ができるものを選ぶ。

ビーズソファ・ビーズクッションの中には、アウターカバーの洗濯ができないものがあります。

 

本体のカバー(ビーズが入っているカバー)が洗濯できないのがほとんどですが、基本的にはアウターカバーを洗濯できるものが多いです。

 

洗濯できないと、臭いがつき汚れが落とせないので、必ずアウターカバーの洗濯ができるものを選びましょう。

 

また、ビーズソファ・ビーズクッションは髪の毛が非常につきやすいです。小まめに掃除をする必要があります。

ダニゼロック 防ダニ布団用 布団クリーナー 防ダニ ダニ コロコロローラー

ビーズを交換できるものを選ぼう。

長く使っていると、ビーズが潰れてクッションの厚みがなくなりへたってしまいます。

 

また、このへたりには個人差があり早い人で、2~3週間ほどで座り心地が悪くなります。

 

ビーズソファ・ビーズクッションは安いものばかりではございません。また新品を買うとなると、それなりに費用がかさみます。

 

ビーズの替えが売っているビーズクッションなら、費用も抑えられへたりを改善することができます。

 

また、ビーズクッション本体とビーズのメーカーは同じものにしましょう。使い心地や破損の原因になる恐れがございます。

 

ビーズの交換が可能な、ビーズクッション・ビーズソファを購入しよう!

カバーは2種類あると使いやすい。

特に重要視する必要はございませんが、2種類のカバーがあるビーズクッション・ビーズソファの方が使い勝手がいいです。

ヨギボーには2種類のカバーがある

・ポリエステル・綿加工のカバー

・PUコーティングポリエステル加工されているカバー

その理由は、綿素材のカバーのみだと夏場は暑くて使わなくなるからです。

 

ポリエステルを多く使用してるカバーだと、冬は寒くて使わなくなります。

 

後者の方があまりないパターンですが、綿(コットン)素材の夏場は暑すぎて使わなくなり邪魔になります。

 

ヨギボーのように、冷感シートがあるなら対応できますが、冷感シートがあるビーズソファ・ビーズクッションはごくまれです。

参考記事:ヨギボーの冷感シートについて。

汚れたり、使いまわすためにもカバーは複数あると便利です!

TRY NOW

✓ヨギボーは10%~30%オフのセールが多いのも魅力です。

人をダメにするソファの注意点。

初期にみられる独特の臭い。

口コミでも多くみられるのが、初期に生じる発泡スチロールのような臭いです。

 

サイズが大きくなればなるほど、臭いがきつくなかなか取れません。中には気分が悪くなる方もいらっしゃいます。

 

臭うからといって、消臭剤のかけすぎはかえって逆効果になりうるので、一度カバーを洗濯するか、自然に臭いがなくなるまで待ちましょう。

注意
消臭剤のかけすぎにより、カバーを痛める可能性がございます。

長くても2週間もあれば自然と臭いが取れるはずです。ヨギボーで紹介しましたが「臭いの取り方について」まとめさせていただきました。

腰痛の方にはお勧めしません。

ビーズの材質にもよりますが、ビーズが小さいほど体にフィットしやすいですが、起き上がりづらいのが欠点になります。

こんな人にはお勧めしません。
  1. 腰痛・ぎっくり腰をお持ちの方。
  2. お年寄りの方。
  3. 足の悪い方。

起き上がる際は腰に負担がかかるので、ぎっくり腰をお持ちの方や、日ごろ腰に痛みがある方にはお勧めしません。

 

また、お年寄りにもかなり負担がかかり、使いづらいといった意見も多くみられるので、購入する際は注意が必要です。

参考記事:ビーズソファは若者向けの商品です。

埃や髪の毛がカバーにつきやすい。

カバーの材質にもよりますが、主に綿(コットン)を多く使用しているアウターカバーは髪の毛が非常につきやすいです。

 

また、カバーの色次第ではかなり目立ってしまうので、アウターカバーの色選びも重要になります。

 

ビーズソファ、ビーズクッションを使用した後は、必ずコロコロローラーなどで髪の毛を取ることを勧めます。

注意
コロコロローラーも力強く転がすとカバーを痛めてしまいます。やさしく、あるいは素手でほこりや髪の毛をとりましょう。

まとめ

ビーズクッション・ビーズソファの種類は近年増えており、見た目以外の違いがよくわからないという方が多いです。

 

また「人をダメにする~」と疑い深いところもございますが、実際に使ってみるとその凄さがわかります。

 

少しでもビーズクッション、ビーズソファの違いを知ることができ、参考になったなら光栄です。

 

ビーズクッションを購入して、休日はだらだらと寛ぎましょう。

ワンランク上の生活へ!
  • セールで10%以上オフ
  • 10万円以上の購入で送料無料
  • 多用途で持ち運びやすい
  • 選べるカラーは17色以上

コメントを残す