ヨギボーアウトレットセール☞

無印とニトリのビーズクッションを比較!どっちが良い?

どうも、おいもです。

 

「人をダメにするソファ」と言われたらどこのビーズクッションを思い浮かべますか?

 

無印良品やニトリ、ヨギボーの大手3社が多いと思います。

 

前回はこの中から、「ヨギボーと無印良品のビーズクッションを比較」してみました。

 

今回は、ニトリと無印良品のビーズくしょんについて比較してみたいと思います!

ニトリの「ビーズクッション」のスペック。

「Nストレッチ」は4種類のサイズがある。

Nストレッチ

Nストレッチには3種類のサイズがある。

製品名 長さ 高さ 重さ
Nストレッチ(大) 65cm 65cm 45cm 6kg
Nストレッチ(小) 65cm 65cm 35cm 3.5kg
Nストレッチ(標準) 50cm 50cm 35cm 2.85kg
ストレッチ2(ミニ) 40cm 40cm 27cm 1.2kg

以前、Nストレッチについて書かせていただきましたが、スペックは上記のようになります。

 

他にも三角形の形をしたものも増え、バリエーションが多くなっています。

三角ビーズソファ

三角ビーズソファ

「人をダメにするソファ」ではありませんが、ニトリでは大きなビーズクッションがあったりと、他にはないビーズクッションがあります。

 

四角形の物だけでなく、様々な形が年々増えてきています。

「Nストレッチ」の本体価格について。

価格(税込み)
8,147円
標準 4,583円
ミニ 2,027円
ミニビーズクッション 2,027円

上記に記載したのが、本体の料金表です。

 

ニトリのビーズクッションは、本体とカバーが別料金になっています。

 

本体とカバー、両方セットで購入すると平均5,000円~10,000円を超えることが考えられます。

おいも
カバーにも種類があり、価格も異なります。

「Nストレッチ」のカバーについて。

価格(税込み)
ソリッド2 ジェノア2 ストライプ デニーNV
2,027円 2,536円 2,536円
標準 1,518円 2,027円 2,027円
ミニ 1,018円 1,518円
ミニビーズクッション 1,518円

ニトリのカバーには、4種類ありますが「大・標準」以外は、全てのカバーがあるとは限りません。

 

また、ストライプは3色ありますが、そのほかのカバーは1色しかありません。

 

カラーは基本的にグレーやネイビーが多いです。ミニビーズクッションは1色しかないので、好みが分かれてしまいます。

おいも
「Nストレッチ・大」が一番人気のあるサイズです!

無印良品の「人をダメにするソファ」のスペック。

無印の「体にフィットするソファ」は3種類あります。

体にフィットするソファ

左から「体にフィットするソファ」、「小」、「クッション」

奥行 高さ
体にフィットするソファ 65cm 65cm 43cm
体にフィットするソファ・小・セット 45cm 45cm 33cm
体にフィットするソファ・クッション・セット 30cm 30cm 33cm

体にフィットするソファは3つのサイズがあります。セットとなっている物は、「本体とカバーがセットになっで販売」していることです。

 

ニトリのように、無印もカバーと本体が別(体にフィットするソファのみ)になっているものがあります。

 

形は四角形ですが、体にフィットするソファ・クッションは長方形で、枕のような形になっています。

 

体を乗せたり、寄りかかったりするものではないので注意してください。

「体にフィットするソファ」の本体価格について。

価格(税込)
体にフィットするソファ 9,990円
体にフィットするソファ・小・セット 8,990円
体にフィットするソファ・クッション・セット 4,990円

本体価格は上記の通りです。

 

「小」と「クッション」は、本体とカバーのセット売りのみなので、価格が少し高く感じます。

 

通常のサイズである、「体にフィットするソファ」は9,990円と本体のみで、プラスカバー料金が加算されます。

 

「体にフィットするソファ」が一番使いやすく、一番人気のあるサイズです。

「体にフィットするソファ」のカバーについて。

価格(税込)
体にフィットするソファ 2,990円 4,990円

カバーは2種類の材質があり、価格が異なります。

 

カラーバリエーションは、赤や青、ネイビーなど多くの色を取り扱っています。

おいも
「小」と「クッション」はそれぞれ2色のカバーがあります。

「体にフィットするソファ」のカバーと本体を合わせた金額。

  • 9,990円(本体)+2,990円(カバー)=12,980円
  • 9,990円(本体)+4,990円(カバー)=14,980円

2種類とも12,000円を超えてくるお値段となりました。

 

他社のビーズソファと比較しても、無印のビーズソファは少し高いと感じます。

ニトリと無印良品のビーズクッションの比較。

ニトリと無印良品の「人をダメにするソファ」比較

ニトリ

Nストレッチ

無印

体にフィットするソファ

本体価格

8,147円

安い。

9,990円

約1,800円ほど高い。

カバー価格

2,027円

安い。

2,990円

約900円ほど高い。

交換用のビーズ販売

ある。

ない。

カラーバリエーション

3色。

少ない。

5色以上。

多い。

サイズ

65×65×45cm

65×65×43cm

合計金額

11,174円

安い。

12,980円

1,806円高い。

比較条件
  1. 両社とも人気のあるサイズのものを比較。
  2. サイズが似ている者同士を比較しています。
  3. カバーは一番安いものと比較しています。
  4. 価格表記は全て税込です。

座り心地について。

無印良品の方が、ニトリに比べて固い感じがしました。これは、安定感があり汎発性があると考えられます。

 

座り心地については好みがあるので、どちらが良いとは断言できません。

 

個人的には、安定感のある無印さんが良かったです。ですが、長時間座るとなるとニトリさんかなと思います。

おいも
あくまで私個人の感想です。

サイズについてはほとんど変わらない。

サイズについてはほとんど差がありませんでした。

 

強いて言うなら、高さが2cmほどNストレッチが高いとう結果でした。そこまで気にすることはないと思います。

価格について。

価格差は、ニトリさんが約1,800円ほど安いと結果が出ました。

 

しかし、ものすごい大きな差ではないので、あまり気にしなくていいと思います。

 

むしろ座り心地だったり、使いやすさを重視したほうが絶対に良いです。

ニトリのビーズはすぐ潰れる?

ニトリのはビーズがすぐ潰れてお話にならない。

引用:ヤフー知恵袋

ニトリのビーズは、無印と比べて潰れやすいと言われています。

 

交換用ビーズの販売があるとはいえ、しょっちゅう潰れてしまうとコスパが悪いかもしれません。

長持ちするのはニトリのNストレッチです。

ニトリさんでは、交換用のビーズを販売されいます。しかし、無印良品ではビーズの販売はされていません。

 

このことから、ビーズがへたって(劣化)してしまった場合、無印は買い替えないといけません。よって、費用がかさみます。

 

長期の使用を考えるなら、ニトリのNストレッチの方が安く済む計算になります。

おいも
無印さんでは、今後ビーズの販売をされるかもしれません。

カバーの洗濯について。

へたりや劣化の改善にもなるカバーの洗濯ですが、こちらは両社可能です。

 

他社のビーズソファでは、たまにカバーの洗濯不可の商品もまれにあります。購入する際は、カバーの洗濯ができるかどうか注意してみてください。

「人をダメにするソファ」はヨギボーが一番いい理由。

ヨギボーが良い理由。
  • カラーバリエーションが豊富。
  • 交換用ビーズの販売。
  • リペアサービスによる劣化の改善。
ビーズクッションならヨギボーが間違いない!

「人をダメにするソファ」「魔法のビーズソファ」と呼ばれるヨギボーですが、座り心地・品質どれをとってもナンバーワンです。

 

またビーズクッションだけでなく、オプションアイテムも数多くそろえています。

 

ビーズクッションには肘置きや背もたれがありませんが、ヨギボーではそれらを付与することができます。

ヨギボーのビーズソファ

沢山の種類があります!

サイズの種類も豊富なので、自分にあったビーズクッションを選ぶことができます!

 

セールキャンペーンも多いので、比較的安く購入できるのも魅力的です!

ワンランク上の生活へ!
  • セールで10%以上オフ
  • 10万円以上の購入で送料無料
  • 多用途で持ち運びやすい
  • 選べるカラーは17色以上

まとめ。

「人をダメにするソファ」である、ニトリと無印のビーズクッションを比較してみました!

 

どちらも座り心地が良く、価格差もあまりないので自分に合ったビーズクッションを選びましょう!

 

この2社に対抗すべくヨギボーは、もっと座り心地が良いビーズクッションです!

TRY NOW

✓ヨギボーのセール開催中!

コメントを残す