ヨギボーアウトレットセールはこちら☞

王様の腰掛けと無印の体にフィットするソファを比較してみた。

どうも、おいもです。

 

ビーズクッション(ビーズソファ)には沢山の種類があります。20種類以上のビーズソファを紹介しましたが、年々増えてきています。

 

今回は王様の腰掛け無印のビーズソファを比較してみました。どちらも機能性が優れており、お勧めのビーズソファです。

王様の腰掛けの特徴。

王様の腰掛け

4種類のサイズがある。

王様の腰掛けのサイズ

・王様の腰掛け 通常

・王様の腰掛け ミニ

・王様の腰掛け フィット

・王様の座椅子

4種類のサイズ展開を行っています。特に座椅子はビーズソファ界ではあまり見られません。

 

背もたれがよりしっかり固定されており、疲れにくいところが特徴です。

 

より、座り心地を快適にするのであれば座椅子型が非常にお勧めです。

 

またミニサイズになると、クッション・抱き枕としても使うことができるので非常に便利なビーズソファです。

TRY NOW

形が特殊。

王様の腰掛け

ビーズソファでは主に長方形、正方形の形をしているものが多いです。

 

王様の腰掛けは水滴のような形をしており、どの角度からも座ることができます。

 

感触もムニュムニュしており、柔らかく癒しを与えてくれるのが魅力的です。

 

またビーズも極小で、安定感がありフィットするので快適です。

横向きにすれば2人で使える。

インターネットでの購入は初めてだったので不安でしたが、使ってみるといろんな形で使えるので便利です。横置きにすると、大人1人と子供1人ぐらいは座れました。

引用:アマゾン

アマゾンの口コミで記載されていました。サイズにもよりますが、1人だけでなく2人でも使うことができます。

 

ですが、使う人の体格が大きいほど2人で使うのは難しいです。

 

また、お子さんと大人の2人で使用した事例ですので、大人2人で使うことはできません。

 

使う人数に関しては、個人差がでるので「絶対」とは言えませんが、基本的には1人で使うものだと考えてください。

カバーの取り外しが楽。

王様の腰掛け

ビーズソファは基本的に、カバーを外すときファスナーの場合がほとんどです。

 

しかし、王様の腰掛けはファスナーではなく、本体を覆っているだけなのでカバーの取り外しが楽です。

 

カバーの取り外しが楽な点は非常に魅力的です。ファスナーだと取り外しに手間がかかります。

ファスナーの欠点

・ファスナー自体が壊れやすい

・ファスナーにカバーが引っかかり、破れる可能性がある。

・手間がかかりめんどくさい。

カバーの取り外しが楽なところはかなり評価が高いです。

TRY NOW

無印良品のビーズソファの特徴。

体にフィットするソファ

サイズは2種類。

王様の腰掛けとは異なり、無印のビーズソファは標準とミニの2種類しかありません。

注意
本体であるビーズソファと本体カバー(アウターカバー)は別売りである。本体のみでも使えるが汚れるため、別売りのカバーの購入を勧めます(セット売りもあります。)

他社のビーズソファと比較してみても、サイズが少ないのは無印くらいです。サイズの少なさは欠点でもあります。

 

アウターカバーは4種類あり、お値段も様々です。

 

色は2種類または4種類と多くはありませんが、無印らしいカラーバリエーションが揃っています。

TRY NOW

体があまり沈まない。

無印のお店に行けば、ビーズソファを誰でも体験することができます(体験できない店舗もあります。)

 

座った印象ですが、柔らかいというよりビーズが硬かったです。かなり安定し、体が沈まない仕様になっていました。

 

よくも悪くも、ビーズの柔らかさについては好みなので、どちらがいいとは断言できません。

 

安定感をより求めるのなら、無印のビーズソファは安定感があります。

腰痛持ちでも使いやすい。

2個使って寝そべります。 腰痛持ちですが、全く負担を感じません。 最高のリラックスタイムを過ごせます!が、いざ起きようとしても簡単に起き上がれません。転がって地に降りる必要があります。

引用:無印

ヨギボーのビーズソファでは腰痛持ちには不便という口コミが多く見られました。

 

しかし、無印のビーズソファは腰痛持ちでも負担を感じないという意見もありました。

注意
腰痛持ちにも個人差があるので、全ての人に言えることではありません。

「絶対に大丈夫!」とは言えませんが、腰にあまり負担がかからないのかもしれません。

 

起き上がりづらいという欠点もあるようですが、座り心地及びビーズの安定感は評価できます。

TRY NOW

王様の腰掛けと無印のビーズソファの比較。

値段は全体的に無印が高い。

価格(税込)
王様の腰掛け 15,984円
無印 15,590円~19,600円

※どちらも標準サイズでの比較になります。

一番安いアウターカバーと本体を購入すると、無印のビーズソファの方が安いことがわかります。

 

また、無印ではセット売りカバー及び値段の高いカバーの場合、王様の腰掛けよりも価格が高くなります。

価格(税込) 本体セット価格
本体 12,600円
カバー(緋色) 2,990円 15,590円
カバー(ネイビー・グレー) 4,990円 17,590円
カバー(本体セット) 16,900円 16,900円
カバー(ダークブラウン) 7,000円 19,600円

セット購入しても、全体的に無印の方が高く設定されています。

 

セールなどを考えるともう少し安くなるかもしれませんが、お値段だけ見れば王様の腰掛けの方が安いと言えます。

一番安いカバーを選んでも、差額は400円しか変わらないため、全体的に無印のビーズソファの方が高いです。

幅・奥行は無印の方があり大きい。

奥行 高さ
王様の腰掛け 45cm 45cm 90cm
無印 65cm 65cm 43cm

※どちらも標準サイズで比較しています。

大きさでいえば、圧倒的に無印のビーズソファの方が大きいです。無印は横長、王様の腰掛けは縦長と言ったところです。

 

サイズだけ見たら、無印の方がお得感があります。お値段も無印の方が高いのも納得です。

 

高さについては王様の腰掛けの方があります。より背もたれを作りやすく、わかりやすく作れるのがポイントです。

お値段の高い無印の方がサイズが大きい。

無印の方が重い。

重さ
王様の腰掛け 約4.1kg
無印 約6kg

※どちらも標準サイズでの比較です。

重さは約2kgほど無印の方が重いです。

 

この重さからわかることは、単純にビーズ量の差です。ビーズ量が多ければ重くなり、座り心地がよくなります。

 

逆に、重くなることで持ち運びが大変になるデメリットもございます。6kgは決して軽いものではありません。

 

また、形が四角形のビーズソファは持ち手がなく、持ちづらい傾向があります。持ち運びがしやすいのは、王様の腰掛けになります。

座り心地がいいのは無印。持ち運びがしやすいのは王様の腰掛けになります。なお、座り心地に関しては個人差があるので、予めご了承ください。

王様の腰掛けは、ビーズソファではあまり見ないナイロンを使用。

カバー素材
王様の腰掛け ナイロン85%、ポリウレタン15%
無印 綿ポリエステル
綿デニム

無印のカバー素材はいくつか種類があります。また細かな配合については記載されていませんでした。

 

王様の腰掛けにはナイロンが多く使われています。

ナイロンの利点

・耐久性が優れている。

・弾力がある。

・しわになりにくい。

また、肌触りは滑らかで気持ちがいいです。個人的にはカバー素材は、王様の腰掛けの方が好きです。

 

続いて、カバー素材でよく使われているポリエステルです。

ポリエステルの利点

・耐熱性がある。

・洗濯しても伸びたりしづらい。

・吸湿性が低く乾きやすい。

肌触りはもそもそしており、毛玉ができやすいです。

 

カバー素材だけ見れば、ナイロンの方が価格が高いです。また、ナイロンを使用しているビーズソファはかなり少ないです。

使い方、機能面はどちらもほとんど同じ。

細かい動作を除き、使い方に関しては両者とも同じです。

主な使い方。

・1人掛けで座る。

・ビーズソファを背もたれにし、リクライニングする。

・上半身をのせ、枕のように使う。

使い方はほかにもありますが、主な使い方を紹介しました。ですが、ビーズソファの向き、方向でまた違った楽しみ方があるのは無印でした。

無印のビーズソファの使い方体にフィットするソファの使い方

縦向き、横向きと使い方がございますが、そこまで変わりません。

 

全身を預けられたり、背もたれが若干確保しやすくなったりと多少の誤差はあります。

 

またカバーの生地によって、広い面と側面の肌触りが異なるカバーがあります。時期によって使い分けることもできるので便利です。

使い方に関しては両者ともほとんど変わりません。無印の方が広い面と側面で、肌触りの違い、背もたれの高さなどが若干異なる。

どちらも1人用のビーズソファ。

無印及び王様の腰掛けは1人専用のビーズソファです。

 

工夫をすれば2人でも使用できるかもしれませんが、基本的には1人で使うものになっています。

 

2人で使うとなると、窮屈であったり満足できる使い方ができなくなってしまい、結果的に快適じゃなくなる恐れがあります。

 

また、ビーズソファに不可がかかりビーズの劣化にも影響が出るので、できる限り1人で使うことをお勧めします。

2人でも使うことができますが、無理のない使い方をしましょう。

まとめ。

王様の腰掛けと無印のビーズソファを比較してみました。どちらも使いやすく、お値段もそこまで大きく離れていないと感じました。

無印と王様の腰掛けの比較まとめ
  1. 価格はアウターカバー次第では無印の方が高い。
  2. 王様の腰掛けはナイロン素材を使っており珍しい。
  3. 大きさは無印の方が大きい。
  4. サイズの種類が豊富なのは、王様の腰掛けである。

お値段がさほど変わらないことから、サイズだけ見れば無印の方がお得なことがわかります。

 

座り心地、カバー素材にこだわりがあるなら、王様の腰掛けがおすすめです。サイズの種類が幅広いのは王様の腰掛けになります。

 

どちらもビーズソファとしての品質、こだわり、個性が強い商品です。

コメントを残す